魚丸記

uwomaru.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧


2009年 02月 28日

そうかしら。

概ねそうかな?と思って読んだけど、モーツァルトは無理なんて言わないと思う。
まぁ会った事すらないから、本当のところは分りませんが。
http://blog.tatsuru.com/2009/02/28_1013.php
[PR]

by uwomaru | 2009-02-28 18:03 | ブックマーク
2009年 02月 27日

血脈。

今回の引越しでは、ナゾ物体は運ばない。
という固い決意のもと、未だ箱詰め三個(扇風機・温風器・CD)だというのに、CD-ROMの内容検証中。写真データに混じって、どうやらCDのコピーらしきものが出てきた。ヴァイオリンか、ん?これ、先生!?と思ったら、先生の師匠の息子さんの演奏だった(近くにCD印刷面コピー発見)。遺伝かと思うほど似ているというよりもう先生そのもの。血のように続く伝統。

こんなことをしていて本当に間に合うか微妙。。
[PR]

by uwomaru | 2009-02-27 18:36 |
2009年 02月 26日

弦の調子。

D線の音がなんとなくおかしい。弾いている最中に微妙に音程が下がるような気がする。
チューニングも合わない。この分では、明日あたり、切れてしまうかも…。

ドミナントはオリーブあたりに比べるとかなり気温湿度の影響を受け難いけど、それでもかなり変化する。
今回の不調は楽器というより明らかに弦だと思う。最近の気候は梅雨。季節狂いも甚だしい。今はいつだ。
[PR]

by uwomaru | 2009-02-26 20:32 |
2009年 02月 26日

探し物の値段。

今回は三万五百円也。見つかって良かった…。

ちなみに母宅にあった。やはり例のアレも同様に扱われているのではないかと思われる。
無意識のうちに貴重品をわざわざカオスに持ち込む稀有な人種らしい。 まぁとにかく間に合って良かった!
[PR]

by uwomaru | 2009-02-26 17:21 | 日常
2009年 02月 24日

依頼が来たよw

私はレッスンプロじゃないっちゅうねんwww
あまりの面白さ(失礼)に、バカにした物言いになってしまったかもしない…orz

発表会ってホント、先生の力量が出る。
私も思ったけど、同門のひともたぶん『先生の力量の半端なさ』を感じたと思う。そのようなこと言ってたし。
あーでも、ある程度聴けた演奏だったのかな?と思ったらかなり嬉しい。
白本三巻の曲とはいえ、知らなくて、うわ素敵wと思いながら聴いてもらえたみたいですんごく光栄です。
ちなみにピアニストの演奏も群を抜いて良かったらしい。ふふふ、七光り効果スゴイ。これもやはり先生の威力。

く。単純なのでちょっとガンバロウとか思ってしまった…あーまずは練習場所を探さなきゃ。

あ、ちなみにレッスン依頼は受けてませんので皆さんどうか安心してください。
[PR]

by uwomaru | 2009-02-24 22:17 | 日常
2009年 02月 24日

ネットがピーンチ。

今度はケーブルテレビの会社の管轄らしく、テレビのない私はネットオンリーで申し込み。
やたら返答に時間がかかると思ったら、それは残念ながら無理!えええええええ!!!
他の接続業者も全滅。ええええええ!!!
ひゃーー、と絶句していたら、再びケーブルテレビさんから電話が。
なんかたまたま工事が入る予定があるとのこと。 ぎりぎりセーフ!
ただしやたらテレビが見られませんと強調されたが、私んちにテレビがあったことはないのだ。

ネットは結構やっかいなので、電気ガス水道より先に手回ししておいたほうが良いですね。
といいつつまたもや一番後回しにしてまたもや冷や汗かいた…。
[PR]

by uwomaru | 2009-02-24 18:20 | 日常
2009年 02月 23日

『緊張』に通じる?

最近結構面白い記事が多いのだけど、あまりのことにブックマーク。
http://blog.tatsuru.com/2009/02/23_1102.php

冗談抜きで緊張対策はやせ我慢です。

ついでにこっちも。
http://www.asahi-net.or.jp/~yp7h-td/busintai.html
[PR]

by uwomaru | 2009-02-23 18:16 | ブックマーク
2009年 02月 22日

そんなの分らない。

今回、発表会のおかげでいろんな初顔合わせがあって、その中でとても答えづらい質問があった。
一生弾くのね? えぇ?そ、そんなのわかんないですよ…。

始めたばかりの頃は、「一生弾く?」というニヤニヤ顔の先輩に嵌められて「ハイ!」と即答していたものだが。
鉄の意志で始めたわけでも、鉄の意志で弾いていたわけでも、目指す何かがあるわけでもない。
はて?としか思えないのでなんとも返答に困り、へなへなな返答になってしまった。

でももし興味があるなら、さっさと始めてしまったら良いと思う。
止めるのは比較的簡単なので。

意外な再会も。その方は一年ほど前に「ヴァイオリン、憧れなんだ~」と仰っていた方。
半ば強引にその辺の楽器店で試奏となったのだけど、チューニングさえままならない状態のものがどんどん出てきて、間の悪いことにその直前にプロの演奏を聴いたばかり(つまり演奏会の帰り道だった)。
ぴょい~んと鳴らしてみて、「ま、こんなもんか…」と仰っていたので、あああああああ私の楽器だったらせめて一瞬だけでもうわ!楽しい!!と思ってもらえたかもしれないのに、とちょっと後悔していた。
その後、演奏会に見かけないのでそのままになっていたのだけど、ついに始めて今レッスン二回目とのこと。
なんか楽しそうだったので、絶対無理無理というところを無理矢理(ってそんなの本当に無理だけど)誘ってみてヨカッタと思った。まぁつまり私の前でウッカリヴァイオリンへの憧れを口にしてはいけないということか。
[PR]

by uwomaru | 2009-02-22 17:25 |
2009年 02月 21日

終了~

終わりました。待ち疲れました。もうひとり、同門(?)の方と一緒に音出しなどして、ピアニストの方が現れたときは全く関係ない曲を二重奏して遊んでいるという体たらく。リハも途中で「私、もう疲れました。もういいです。」と言って止めて呆れられました。ところで、リハ室に冷房ってなんで?と思っていたら、舞台袖が異常に冷え込んでいて嗚呼この予行練習だったわけか…と思い知りました。本番は堂々と普段の実力を遺憾なく発揮してきました。いつものことですが、舞台度胸だけは褒められます。今回は客席を一瞥もしなかったほどの余裕の無さだったのですけど。まぁ、譜面もあったしね。間違える余裕すらなかった、というのはウソで満面の笑みを浮かべてしまったのは引いて引いておりゃーっのところで音を完全に間違えましたせいです。あれはちょっと笑えた。録音は小さく小さくとれていたのであまり意味がありませんでした。

まぁそんな感じで大過なく終了しました。ご報告まで。
録音を聞いた母は「こんなに上手になったのに。こんだけしか上手になっていない。」と言っていました。
まさにその通り。やはりプロは別次元です。
でも私の演奏を聞くと、「私も弾きたいな♪」と思うひとがたまにいるみたいです(例:母。え?ダメ?)
背中を押してもらいたいひとは是非名乗り出てください。希望があれば、録音出します(そのうち)。

More
[PR]

by uwomaru | 2009-02-21 20:38 | 日常
2009年 02月 19日

朗報。

私の次のひとも(も?)譜面アリだそうだ。というわけでなし崩し的に譜面アリに変更。
良かった…。
ドレスも、たまたま捨てずにとってあった(存在を忘れていたとも言う)黒いワンピースがまったく同じサイズだった。これを中に着てしまえば、全然アバラなど見えず大丈夫大丈夫。

不安要素はあとは…朝寝坊して集合時間に目が覚めるのではないか、というこの一点。
まぁ集合時間に目覚めても開演時間に間に合えば良いのでまぁ良いか。

本番の録音はどうだろ、取れるかな…くらいなので、フライング的にピアノ合わせ録音を公開しようかと思ったけど、あんまりにも先生がしゃべって中断しまくり。しかも、なんだかE線の音が金属的に潰れて聞こえると思っていたけど、録音してもやはりマズい感じの音なので、最初の一音聞いてストップされそう。というか最初の音A線なんですけど。もう少ししたら、出すかもしれません、というか引越しの準備でそれどころじゃない、かもしれませんが。

ちなみに懸案の太い足対策。ウノ氏の黒タイツを履いたならば、折れそうに細い足が出現!ひゃっほう!
いや、実の太さの半分に見えますわね!? というわけでなにもかも大丈夫。と、ひたすら暗示。
[PR]

by uwomaru | 2009-02-19 19:44 | レッスン