魚丸記

uwomaru.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2007年 04月 30日

つーかーれーたーーーーーーーーーー

たかが、コンサートを聴きに行くだけで、
なぜ、半日ソフト断食状態になるのか分からないけれど、前回に引き続きそのパターンに嵌った。。
たまたまボランティアの方々が用意してくださっていたコーヒーやお菓子があり、生き延びた感じ。
もう本当に朝寝は怖い。昼まで寝てるほうが悪いのですが。

それにしても体調がよろしくなくて途中退席しようかと何度も思うくらいで閉口でした。
受付の預かりチケットの名前を見ても、周りの人達の会話を聞いても、恐ろしいほどのヴァイオリン弾き人口の高さが伺えてそれでも気分が悪くなった一因。
うーん、でも皆おっかけみたくなっちゃうということが分かってホッとした。私だけでないのねw

なんか今回はテンポの掴み方、というか、ヴィブラートが?縦で取ってるタイミング!!と本気で開眼した瞬間があったのだけど、よく分からない。うーむ。

今回かなり至近距離だったので、よく見えた指板にほぼフレット状態で指の跡がずーっと上まで付いていた。凄まじい。練習しても弾けないよーとか平気で言ってしまうけど、弾けないくせに本当に練習したなんて言えるのだろうか、と思った。
[PR]

by uwomaru | 2007-04-30 19:30 | 日常
2007年 04月 28日

骨の音。

骨の噛合せ具合というか…薬指はわざわざずらしていることに気付いた。
うーん。。
きちんとしたままなら、どの指でも同じようにパシパシパシと音が立ち上がる。骨の音がする。ってやっぱり骨の音だったのか。手のひらの中にある骨も意識しろって言われてもねぇ。しかも薬指って中指の影に隠れて見えないし。そういえば、重音を押さえるときに見えない指がどこを押さえているか分かりませんと言ったらエライ笑われた。しかし見えてないことに気付かない場合はもっと性質が悪い…。

ここは再読だと思うけど、今更ながらとりあえずリンクをば。
前読んだときピンとこなかった部分に、すごいヒントがあった。
サイトだと忘れ去ってしまうケースが多い。本の方が便利。
[PR]

by uwomaru | 2007-04-28 10:52 | 体のこと
2007年 04月 24日

根っこが!!!

c0012866_17253645.jpg


ひゃぁ!昨日まではなかったのに。
棘も身も、まだ柔かくてフニフニです。


今日は非常に…どうなのか…トイレネタなので…どうなのか…と迷いますが、
万一大笑いしても大丈夫な環境な方は、続きへどうぞ。勿論そういうネタですが。

ドラゴンとは(勿論ヴァイオリンとも)全く関係のない続き。
[PR]

by uwomaru | 2007-04-24 17:25 | 竜果実
2007年 04月 21日

またもや長文サイト…。

http://blog.livedoor.jp/easter1916/archives/2006-08.html

ココ相当面白い。夕顔ってアナタ!!
[PR]

by uwomaru | 2007-04-21 12:18 | 日常
2007年 04月 21日

音が。

肋骨の上に乗っている腕、と弦の上に乗っている弓毛が同じくらいの感じだと、非常にうまくいく。
ほん、とそのまま音が出る。
ただ弾くだけー何もしないでーって叫ばれて意味不明だったけど、この意味か。
確かに何もしない。
弦と弓毛の接点の重要性はわりとよく指摘されるけど、腕と肋骨の関係も考えた方が良い。

左指の押さえにしても、左の腕という意識が鎖骨まで来ている場合と、そうでない場合は、
押さえる働きと支える働きがありますと言われたときの受け止め方は全然違う。
つくづく、見える範囲でしか見ないものだなぁ…と思う。
それにしても意識は表面から表面までだと思うのだけど。

内田氏が中学生相手の講話でいきなり「大人になることは身体を割ることです!」といきなりぶちかましてなんのこっちゃと思われたに違いないとご本人も書かれていたが、あーナルホドそういうことかと思う。これなら小さいときから徹底的に叩き込まれたヴァイオリン弾きがそのままでは弾けない理由としても納得できる。また時に大人からでもチャラチャラ弾くケースってのもコレなんではないかなと思う、のは最近で、実際読んだ時はナンノコッチャ意味ワカランと思った。
[PR]

by uwomaru | 2007-04-21 10:20 | 体のこと
2007年 04月 18日

はてさて。

持ち上げている力と押さえつけている力。
どちらも不要。
不足なのはどうも横のつながりか?そこが筋肉痛なのかな。
持ち上げないで良いとなると、相当に自由度UP。喜ばしいけれど、筋肉痛。


炊飯器の内釜テフロンがヤバ目。
94年製なので無理かもしれないが、少しでも早ければ部品が手に入るかも。
と、思って象印のサイトで問合せフォームを開き、炊飯器を見たら、タイガーだった。
ずっと信じてたのに・……。

このように興味がないことは本気でまったく目に入りません。
たまにこのように発覚すると自分に愕然とします。
[PR]

by uwomaru | 2007-04-18 20:46 | 体のこと
2007年 04月 15日

筋肉痛~~

肩甲骨付近が…。

何やら書きにくい事態。いや、名称とかがないよ。
めりめりミシミシパキなど。
あと地面との接触について???
よく分からない。上手いことつながっていないことは分かった。

オモテと裏を逆にしていたのかも???
よく分からない。

逆さまに弾くと、、譜読みと暗譜が同時に進むみたいなことになるので、時間がないひとは試してみると良いかと思います。鼻血が出るかもしれませんが、やる価値アリ。
[PR]

by uwomaru | 2007-04-15 23:26 | 体のこと
2007年 04月 13日

逆さまに弾く。

オイストラフの練習方法ってネット上で見かけたのが、
一度弾いたものをそのまま逆さまに弾いていくというもの。
おおこれはちゃんと弾けてないと不可能。。
[PR]

by uwomaru | 2007-04-13 20:57 |
2007年 04月 13日

ぬ、抜けられない…

爆死。相撲もここまで来たか。

Kitazakura vs Yoshikaze
http://www.youtube.com/watch?v=7GAyUeyerR8&eurl=http%3A%2F%2Fwww%2Enew%2Dakiba%2Ecom%2Farchives%2F2007%2F04%2F20070406movie%5F01%2Ehtml

ネタ元:蛇穴のBBS
[PR]

by uwomaru | 2007-04-13 12:51 | 日常
2007年 04月 11日

片付ける、ということについて。

N響の根津氏が最近たいへん片づけに懲りまくっている様子がひしひしと感じられます。
(日付指定とかできないので、リンク貼らないけど。検索で一発出てきます。)

ということで、お片づけの極意について、ひっそり書き記してみることに。

1. 分類→微妙バコを作って「判断保留」なものを全て放り込む。必要なものは出てくる。
2. 排出→ゴミの種類分だけゴミ箱を用意。最初のうちは少量でも必ず指定日に捨てる。
3. 定置→置き場所を決める。変に空間をケチらず、空ける。できれば、飾る。
4. 継続→習慣化すれば次なるステップが!!すなわち掃除に力が入る。

ちなみにウチの微妙バコはでっかいかばんなのだけど、ここに入ったものはもう5年くらい出てきていません。捨てるにも分類しようがないので、放置。というより、なんというか、リサイクルショップに電話すれば喜んで持って帰ってもらえそうなガラクタの集合体で捨てるに忍びない。さーこれで全部お分かりになりましたね。

追記:コンビニで立ち読みしたこの本が参考になりやすい気がします。
全部読んでいないけれど、おそらく後半、やや高度なものもあり。
[PR]

by uwomaru | 2007-04-11 23:04 | 日常