魚丸記

uwomaru.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧


2007年 01月 31日

しくしく。

車がなくなったショックによりしばらく休業。
なくなってから気付くあたり流石。
ワンピースのメリー号、なんておおげさな・・・なんて思ってごめんよー。
しかし、ちなみに全然愛着などありませんでした。

この調子では、前の楽器手放すのは相当骨かも。。
[PR]

by uwomaru | 2007-01-31 22:35 | 日常
2007年 01月 28日

ホントに薬指。

c0012866_2082644.jpg


演奏開始1時間前についてもヒマだよー ということで、撮影録音禁止の場内で記念撮影。
李下に冠を・・・何やってんねん、と怒られるかな~と思いながらでしたが、なかなかこの腫れっぷりを明確に映せないことがわかりました。すごい腫れててもう『重い』くらいなのですが。あ、そうか重さは本人にしかわからないのか。 ちなみに黙っていましたが、人差し指も腫れてます。
[PR]

by uwomaru | 2007-01-28 20:08 | 体のこと
2007年 01月 28日

ここまで育ちました。

c0012866_2072280.jpg

[PR]

by uwomaru | 2007-01-28 20:07 | 体のこと
2007年 01月 27日

査定に行って…

そのまま車を置いてきました。ぎりぎりゼロ査定でした。
廃車かもしれんそうです。このまま乗れば、といいかけた営業マンさんが「食費六千円です」という私の発言に、もうマイナス分いらないから売って下さい、そして食ってください!とのこと。ごせつごもっとも。
にしてもいきなり置いてくるとは思わず。あ、CDとか駐車券とか入れっぱなし。取りに行かねば。

うーん、、明日コンサート聴きに車で行くかバスで行くかさんざん迷っていたけど、バスに決定。
もし寝過ごしたら、あきらめるしかない。こういうのが不便。
それは良くても、レッスンとか、オケ参加とか、を睨むと車がないのはかなり痛いのですが。

まーなるようになるさ あははははは。なんて投げやりな。

まーなるようになるところを見てやろう、ということで。


というか、自宅の鍵をうっかりつけたまま帰って送ってくれた営業マンカーを寒空の下追いかけ激走し、寒空の下追いつけずお店に電話、寒空の下空しく待ってたなんてことは一切内緒。あのタイミングの黄色信号(むしろ赤信号)進むのさえ待ってくれたらもう少し違う展開であったのに…。
[PR]

by uwomaru | 2007-01-27 18:45 | 日常
2007年 01月 25日

おおきくなったね。。

しもやけ炸裂中。
もはや中指より太いです(厚みではすでに一番)。
c0012866_10421287.jpg



やはり、まっすぐ立つときの感じが違う。
おなかをひっこめて、肋骨の今までより1・2本上が意識されてそこで支えて、
ちょっと背中を丸める感じで、ないと立っていられない。←といっても倒れるほどではないけれど、フラフラして安定しない。

しかし、これはこれで今までよりは自然と腹が引込む姿勢が基本になって良いんでは?
と思って楽器を構えると途端に二通りある状態になる。

おー。今までそっくり反っていた(複数証言アリ)ので直りつつあるのか。。
これは相当気をつけて弾かないと、反矯正効果が出てしまうわ。

アップの切れ味抜群。うむ。
曲想(ドルチェとか書いてあるよ)とまったく無関係ではあるけど、このように弾けた験は無い。
ということは、良いのだらふ。

それにしてもかつてなく無駄なくチカラを抜いて、動けているにも関わらず、
どうしてこんなにガチっと固まった部分が意識されるのだろう。
というか、こんなところについて考えるのは初めてか…というくらい肩甲骨付近のよく分からない箇所がガチガチ。むしろ痛いねん。うーん、これは、まだまだいけるねー。

などと、ごたごたと考えつつ。

今度は身体の前面を、どういう感じが辿っていったら、
右肩付近のチカラを抜いて下がる、と
肋骨付近の様子がちょっと緊張(意識アリ)して、
右の腹の!盲腸の傷跡がつっぱる……。

これは…小学二年生以来の右腹をかばう姿勢まで矯正されるのか。
スゲーの一言だ。ハラデーが解消されるかもしれませぬ。 嗚呼、目的違い。
[PR]

by uwomaru | 2007-01-25 10:42 | 体のこと
2007年 01月 23日

さぼってます。

雨で寒いから、という腐った理由で練習しておらず、書くことがありません。すみません。
でもやかんのお湯が沸くのを待っている間にも、む、立ち位置が違うよね、みたいなところがあります。腹側の筋肉が今までと違う要請を受けているようです。ついでに歩き方はどうも見た目変な気がしますが、自分ではわかりません。

あ、たいしたネタではありませんが、車を処分しようかと思います。
そうすると、年間なんと30万近く浮きます。ひひひ。
タクシーを月1万使ったとしても…ガガーン。
ただ、一度手放すと、駐車場の確保がとても難しく、将来的に非常に困るのは確実。
しかしこれはもう最悪引っ越せば良いという行き当たりばったり主義者として割り切りました。

あとは、今時マニュアルのスターレット(しかもCD/テープ)を引き取ってくれるか、さんざん探さなくてはなりません。無い時はやっぱり有料で処分?ああ恐ろしや……。

む。しかし。例のオケに参加するなら車は必須なんでは。
やはりあのセミプロちっくオケに行けというお告げかしらん。しかし今夏までは無理でござる。
[PR]

by uwomaru | 2007-01-23 23:30 | 日常
2007年 01月 21日

謎。

顔の正面30センチを凝視しながら弾くと完璧なところがあることに気付いた。
しかしこれは人前でできるかどうか…。

前の楽器を出してみたら、アレ?ちょっと痩せた?と思って、今の楽器を入れているケースに試しに入れてみた。おいおいこっちでも隙間がほとんどないぞ、やっぱり膨れてるのはケースじゃないぞ。
にしても毎回のようにご機嫌で出てくるのでありました。

ああそうだ。肩と関係なく弾くようにすると、えらく下に腕パーツが展開します。
鏡で見て気持ち悪い感じ。
コウシュでボーイングのフリというのは、かなり有効かもしれん(今日思い出した)。
[PR]

by uwomaru | 2007-01-21 17:51 |
2007年 01月 21日

井戸のツルベ


左指の話。ようやく一致。
アップのときは下がり、ダウンのときは上がるんじゃない?
というのと同じくらい眩暈を感じるけど、どうにもそう。

なんで逆なんだろうなー。

というのを、先日、書き忘れました。


こちらはメモですが。
重力に逆らって立つ、という動作にもヴァリエーションがいくつもある。その中から一度選んだものを絶対とする前提に立って楽器を弾くと、とても無理があるけど、それはただの思い込み。そのただの思い込みからずーっと続けてきた動作から離れるのはとても難しい。緊張感のない背中、とよく言われるけど、無反省な、のほうが良いかな。働きを想定されていない部分を発掘しなくては、と自分で埋めたにも関わらずその深さにあきれるのでありました。
実際メキメキミシミシいうのですが、整体的にはNGと言われそう…。
[PR]

by uwomaru | 2007-01-21 11:04 | 体のこと
2007年 01月 20日

面白いページ。

最近ずーっとここの過去ログ読んでいるのですが、まだ2002年。
私には、2001年10月あたりからかなり連続してヒットしています。
なんて面白いんだ。というわけでご紹介。

内田樹の研究室
http://blog.tatsuru.com/
[PR]

by uwomaru | 2007-01-20 10:44 | 日常
2007年 01月 20日

吊られ方


吊られているとしたら、どこからか。
一本すっと上から垂れた糸のイメージを、首からどんどん下げてみた。
背中の真ん中辺(用語ナシ)だ!
これで、ちょっとでもバランス崩せば宙吊り体勢になるよ!!
ということがトイレで閃いた。トイレ侮れず。

マリオネット人形のイメージに捕まっていたなー。
なんとなく、首からだと決め付けていた。

左小指は、もうついに我慢できず『このようよ』と右手で指導が入る。
ウガーだから違うって。メキ。とやった瞬間チカラが抜けた。
わお! なんと今まで逆方向にチカラ入っていたのでありましたorz.........
というわけで人差し指から小指まで、同一の方法が採用されました。

これでやっとあまり記憶したり配慮したり妙な気を使うことなく、弾くことができる。

素人に共通の悪いところは、同じ音の並びを弾いたとしてもヴァリエーション豊富、毎回音が違うということだと思う。直しても直しても『前回と同じ』に弾くスキルが欠落しているので、賽の河原だね、と絶望するのもアタリマエ。しかし今後の私は一味違う。常に同じ音で間違えてやるぜ、のはじまりだ。うむ。
[PR]

by uwomaru | 2007-01-20 09:49 | 体のこと