<   2006年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2006年 12月 30日

カビ話。。

『久々に楽器を引っ張り出してみたら、カビが生えてた!』

とゆー恐ろしい話を聞いた。f字孔といかにも汗がつきそうなところがヤバかったらしい。
ひー。

今朝、ふと、それを思い出し、窓の隙間ガード(ウチはマンションなのに激寒いのでこのようなものを…)を外してみたら、窓枠に沿って打ってあるシールにカビが!!!!!
ひー。

というわけで、やはり大掃除はした方が良かったのかもしれません。
今年はゴミは全部間に合ったけど、掃除と衣替えは間に合いませんでした。残念。
[PR]

by uwomaru | 2006-12-30 10:19 | 日常
2006年 12月 28日

わーわーわー

キツネさんの手って、親指と中指と薬指の指先くっつけますね?
違う!違うぅ・・・中指薬指はグーの形なんだ!あとはパー。
らんま1/2が正しいです(未確認。実家にあるので)。

という訳で焦りに焦って訂正しましたが…。間に合ってますように。。
[PR]

by uwomaru | 2006-12-28 22:09 | 体のこと
2006年 12月 28日

キツネさんの手(仮) ⇒訂正しました。

遅まきながら、甲野善紀氏のDVDを初めて見ました。
中指・薬指を折り曲げる手の形、いわゆる『キツネ』の影絵遊びのときのアレに似ている形(以下、キツネさんの手(仮)などと呼ぶ。『鉤手(コウシュ)』が正しい呼び名のようです)が非常にポイントになっていました。これはヴァイオリン弾きにも役に立つと思うのでご紹介。

私が予想するに…

・肩が片方もしくは両方上がっちゃうヒト
・右手親指が痛いヒト
・左手がガチガチのヒト
・ポジション移動がうまくできないヒト
・同ポジションなのに親指の形が変わって音程が狂っちゃうヒト
・ハイポジションになると音がか弱くなるヒト
・トリルが決まらないヒト
・左指の押さえがマチマチなヒト

に効果あると思います。おおスゴイ予想だ。
ウケル検索語句には挙げてませんけど、『ヴァイオリン ○○ 痛み』とかでいらっしゃる方も結構(チラホラ)いらっしゃるということで多少なりとも助けになるかもしれません。
とはいえ、全く保証はありませんから、効果ない~とかやったら下手になったヒトはコメントに苦情をどうぞ。

まぁチラと試したところでど下手になったりはしないと思います。
興味ある方はお気軽にどうぞ。
右手はキツネさん(仮)のままボーイングの軌跡を描いてみたり。
楽器は持ったままでもできますが、くれぐれも落とさないように気をつけてください。
弓は安全なところに置いたほうが無難だと思います。

あーちなみにDVDを見た感想もついでに以下、羅列。
・手指グリグリ回しは島のひとが踊ってるときにソックリ。
・甲野氏の写真全部に、『首にひも』を描き足したくなった。ぶら下がってる!
・たぶん彼は息吸うだけで楽器を保持できる。
・噛合せ!だけではない。
・首据わるとき位置間違えたんだろう、私は。腹筋も足りない。
・背中~首にかけての筋肉。しかと見ました。私はないんだろーな。
・キツネの手(仮)は…らんま1/2にも頻出だった(たぶん…未確認)
・じゃなくてこれは肩を完全に自然に持っていける。
・こっからここまで殺して云々といのはヴァイオリンもアリ。
・そんで体幹?につなぐ訳ね…つながるんだ……
・重力。あーそういや死体は重いって言うね^^
・重力の方向、曲げてる…そんなものが曲がるのか。。
・鎖骨から指先までツツツ…とひとつ、と指差され、驚嘆。それよ!!
・杖が出てきたときはもうこの後ヴァイオリン弾くでしょ?!と思った。
・ひとに押しつぶされたことも押しつぶしたことも持ち上げられたこともあるので、介護シーンでパワーを使わずに人を起こすということの大変さというか・・・むしろ貴重さ?はすごく分かる。
・とりあえず正月の『高い高い!』は研究対象として、貰った!

最後にひとつ、丁度いい時期に見ました。さすが自分!と思いました。
[PR]

by uwomaru | 2006-12-28 20:52 | 体のこと
2006年 12月 26日

振り返る。

えーと全然真面目に弾いてないので自然更新がないのでありました。すみません。
なので、全然今のネタではありませんが、ふと思い出したことを忘れないうちに。

前の楽器は全然弾いていなかったのだけど、この前引っ張り出してみたら、
ケースのなかで非常に満足そうに寝ていた…。
オイオイ、と思ったけど、満足げ^^に出てきて弾いたらちょっと機嫌が普通になったくらい。
寝てるほうがシュミなのかしら……と思った次第。

まぁつまり今の楽器が常に素な感じであるということです。全っ然チカラ及ばず申し訳ないってぐちぐち言うのはなんでかというとお分かりかとは思いますが、要は弾ききれなくて持て余し過ぎ(気味ではない…)なのでありました。ハァ…まぁ実は最初の楽器というのは推定五万円の学校楽器(Suzuki)だったけど、それを前の楽器に替えたとき、というのもかなりなヤマでした。どこにも書いたことはないし、たぶん誰にも言ったこともない(か言ったことを忘れている)と思うのだけど、最初の一年間というのは地獄のようでした。今よりもっと弾けなくてしかも楽器のこともよく分かってなかったという事情もあって、無理矢理暴れ馬を乗りこなそうとしているみたいで。落馬はしょっちゅう…(T_T)しかも大学オケは一年過ぎたらフルステだったから、50ccの原付で高速に突入!!みたいな感じで、もう本当に本当に大変だった。あれを思えば…今の状況は楽々なんですけど… …確かにラクなのですが、どうも要求レベルが『人間の差し替え』くらいキテルのです。。。。。。

あーとりあえず課題としては、
1. ひとつひとつのテクニックを詰める
2. わからん…
くらいで設定してやっていくしかないよなー。なのですが、どうしましょう、今までついたどの先生よりダメ出しが厳しいのですが。ツ、ツライ・・・・・・・。

まぁ小さな声で言っておくと、今回楽器を買う契機になったのは音色を作る、ということを前の楽器でやりそうになったから。この楽器のレベルでやってしまうと、このレベルで終わるなーうわっまだやっちゃダメ!!っていうのがスゴイ稲妻のように閃いたからでありました。そこにたまたま良い楽器の情報があった…っていうのが真相なので。その、直感は本当に当たるんでしょうね??よく考えたら、私はあまり自分を信じていないのですが、本当に大丈夫なんだろうなコノヤロー。


と、実は衣替えをまだやっていないことを書こうと思って開いて自分でも意外なことを書きました。
面白いので投稿しておきます。
[PR]

by uwomaru | 2006-12-26 23:04 | 日常
2006年 12月 22日

久々に。

前の楽器を引っ張り出してみたら、うーん…
弦を替えようかな、と思ったのだけど、もうそんなに弾かないし、時期的に今なら張っていていきなり切れる時期じゃないし、G線はまだまだイケそうだし、勿体ないかな。。まぁE線は替えたが良いかもしれません、と、自分で見立てて、結局替えずじまい。そして。
ちょっとばかり音が馴染むまでと思って音出しをしていたら、A線は結構カツンと音程が出るようになったのだけど…D線こんなんだったか?!(←だった)とついつい丁度バシッと出るような感じにボーイングを工夫してしまい、、今の楽器を弾いたら「そんなことせんでええけど?」みたいな。あーさいですか。左様でございましょうとも。

でもちょっとだけ、マシな感じになりつつある気が。
相変わらず、音程ははまりにくいけど(前の楽器だと)。

つまり、今の楽器で弾くと、どうも最初出した音の次に出す音が既定と感じられる。
サブ楽器ってどういう位置付けなのか、分からなかったのだけど、あーなるほどね、『実験台』か。
買い換えのときも、なるべく手放さずに手元にあったほうが、比較が色々できて良いのかも。
まー実験台になんかされたほうにしてみればたまったもんじゃありませんが。

にしても、この楽器を手に入れたことは良かったのか悪かったのか…
と、珍しく方向が定まらないのでありました。まー分からないもんは分からないからねー。
つまるところは、弾きこなせるようになる!! という根拠なき自信(私はいつもコレ頼り)が全く湧いてこない。楽器が悪い、とかではなくて、楽器『に』悪い…というか、本気で2ランクぐらい上手にならないと必要ない感じなんで。ガタガタガタガタガタ言うなって感じですね。。。

あ、ちなみに右親指の腱鞘炎的痛み再発。どうもダメだ。
左手は順調。どうして右ばかり弱いのか。
[PR]

by uwomaru | 2006-12-22 22:03 | 体のこと
2006年 12月 20日

滞空状態に注意。

いろんなところにフラフラしていたら、いくら指板の一点を目指したって、
フォームは毎回違うことになるでしょーの意。

なるほど。確かにフラフラしてるわ。
そして毎回違うフォームで打って微妙にその音を聴いて修正して力加減を調整。
なんて超人的な試み! やめようよ・・・・・・。

空中でキープするだけの筋力が・・・というと指まわりだけ筋力不足みたいだけど、足とか腹とか、脇とかなんとか色々な部分がオレ関係ナーイと思って協力してくれなくてできなかったのだということがちょっと判る。どうか気付いてー協力してくれー(T_T)

それにしても右腕の捩れが取れればもっとどうにかなるのになぁ。
妹が両腕Vに上げた写真を見て、私同様、下がって上げて状態を発見。
コイツは遺伝(もしくは幼少時の刷り込み)的なもんかもしれん、という疑いが。。
[PR]

by uwomaru | 2006-12-20 10:49 | 体のこと
2006年 12月 19日

寝癖。

あのー のだめの次の日って激しく寝癖なのって、私だけ???
いや、今起きた訳ではありませんが・・・直角ってどうなの、直角って。
ゴムで結んでハイネックの中に入れてスキー帽をかぶってもなお、治っていなくて衝撃的。
[PR]

by uwomaru | 2006-12-19 14:03 | 日常
2006年 12月 19日

ハト胸

息を吸いっぱなしのようにハト胸。
つまり、潮が満ちても、大陸棚がごっそりなくなって断崖絶壁になるはずがない。
たぶんここが落ちると他の部分の解決先が無くなる。で、困る。

一週間位前から、左手の親和性というか、接触する感じが前の楽器を構えたとき同様になってきた。一瞬で狭いところに入る。それが本当にユニークかどうか、色々試すと、じたばたしている薬指が・・・その煽りで小指は大振りかぶりになってしまう。今は状況によっては、二種混合でとても訳の分からない展開になってしまう。でもそのうちひとつに揃うだろう。

という訳で今注目しているのは手の反りだったりしますが、全然出てこないあたり流石。
とにかく薬指の指先から二番目の関節が、ひょこひょこしているうちは疑わしいこと限りなし。
ユニークかどうか、がんがんにアタックをかけて、検証しなきゃ。
[PR]

by uwomaru | 2006-12-19 08:29 | 体のこと
2006年 12月 18日

息を吸い込んだままで

いや違うか、でもそのような『表情』が基本の演技。←演技?!
まぁヨイ。
でも下がるのは相当なことがない限り無い。と思う。
[PR]

by uwomaru | 2006-12-18 23:32 | 体のこと
2006年 12月 16日

両肩水平。

だいぶ、揃ってきたような。やっぱりボーイングって両肩の高さを合わせた状態からアップで引き始めたほうが言い聞かせ易い気が。こうすると、出だしのときに背中の意識が真ん中よりずっと左のほうにあって、腕がとても長くて楽な感じになる。

このところあまり弾けないくせに、弾けるときは鬼のようにメカニック練習をしているのですが・・・
なかなか・・・すごい動きをするようになってきました。
色々できますよ。人体の不思議。。。

まー誰が見てもちょっと無理のあるフォームで時間どおりのタイミングで指板を打つことを思えば、全然フツーくらいのことだけど。つまり先生の言う通りにやるのなんか無理!って代替手段で誤魔化してきた部分は先生の言う通り弾いた方が断然正確だしその上ラクってことで我ながらなんて無謀なことをしてきたのだろうと再確認する次第。

指はバネ。 ←なんかねこれは・・・。まー残しとこ。
[PR]

by uwomaru | 2006-12-16 20:20 | 体のこと