<   2006年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2006年 06月 28日

もーダメ。。

右踵、故障中。
腫れおる・・・。おかしい、ぶつけたのは左足首なはずなのに。。

しばらく、弾かないほうがいいかもしれません。
しかし一歩も歩かないのは、無理難題。
[PR]

by uwomaru | 2006-06-28 20:39 | 体のこと
2006年 06月 27日

右踵

が痛い。どんどん痛くなってくる。
歩くから当り前なんですけど。
くぅ・・・。
[PR]

by uwomaru | 2006-06-27 20:22 | 体のこと
2006年 06月 26日

疑。

まさかとは思うが、お見合○ではなかろうな。。
相手のひととはお互い顔を知っている。が、今回取り持ってくれるひとを私は知らない。
だが、お見合○のキーマンはとりもちのひとなので、相手が誰とかは全然関係ない。
こういうのは『話』の段階でとりもちのひとの気勢を殺ぐような『何か』を発生させておかなければトントン拍子にいってしまっても文句は言えない(たまに仕掛人なのでよく分る・・・)。
今回、知らないひとがどーして間に入ってくれるのか? 訳、ワカラン。

わかっているのは、
セッティングされたらお仕舞いだーー。
とゆーことと、
それでも行かねばならん、ということくらい。。。


ま、それはいいことにして(よくないが)、
例のらっぱの先生のどすこいはやはり腹(なんとか)筋あたりを意識するためにやらされたんじゃなかろうか。あと、私の骨盤の向き、どうも違うね、アップの邪魔はこいつかも。など。
[PR]

by uwomaru | 2006-06-26 20:29 | 日常
2006年 06月 26日

こんな感じ。

楽器も弓も持たずに、
右顎をきちんと引いて、
腕を前に上げるとこのように、
青:なんか一寸狭い感じ
赤:これはスジが浮くんですけど、画力ナシ。


c0012866_6161046.gif


はっきり言ってこの状態で楽器を顎に挟んで弓を音が出るように弦に当てるというのは至難の技。
関節技(手首を曲げるなど・・・)を使えばなんとか。。
たぶん、まだどこか固い。凝り固まっている気配濃厚。
どこだーーーー。
[PR]

by uwomaru | 2006-06-26 06:17 | 体のこと
2006年 06月 23日

梅雨ですね。。。。。

雨、降り放題。

とは関係なくなんだか落ち着いて弾ける状況でないので、全然弾けませぬ。
しかし、負けませぬ。。

といいつつ。
しばらく更新が滞る予定なので、2004年魚丸姉妹水着○真でも載せようと思っていたのですが、見つかりません。残念だ・・・ダ○エット敢行直前のぶよぶよ体型を載せるなよ!という神の思し召しでしょう。頑張って探してみます。。。


人差し指の付け根がどうにもこうにも痛いのでどうしようもありません。主に左。
テキトーですみません。。
[PR]

by uwomaru | 2006-06-23 20:32 | 日常
2006年 06月 20日

素敵サイト

立ち上がってからもうだいぶ経つようなんですが、うっかり見過ごしてその成長ぶりをチェックし逃したサイトを再認識しましたので、反省も込めてご紹介。

ヴァイオリンがわかる!
http://www.violinwakaru.com/index.htm

もうひたすら腕力であります。すごい。
どこにもそんなことは書いてないのですが、なんとなく、
ひそかに管理人さんはレイトスターターではないか?と思います。
勿論、どっちでもいいんですけどね。

◎魚丸ヒットポイント◎
・CD最初の一枚にレーピン(中略:ここが大事なので興味がある方はご一読を)
 「しょーもない」って・・・でも本当だよな。。
・本一冊なら、森元志乃さんのアレ。確かにその通り!

・言葉の選択が適切。非常に一般的・平易。
・これはあまりネット上では聞かない言葉だが『クラシックヴァイオリン』として照準を絞ってある。
・本質的なこと、本質的でないことも含めて、大人初心者が今まで右往左往してきた疑問をきっちり押さえてある。

・細かいところまで非常によく作りこまれている。爽快。
・きちんと哲学が盛り込まれていて、矛盾がない。あるとしても意識されている。
・内容は非常に吟味されていて、無駄が無い。

・結構辛口。


×あえて難癖×
・(構造)各記事ページがNEXT・BACKでつながっていると便利だと思う。
・(内容)楽器ケースは四角がいいと思う。ちょっと思考停止が見られる。
・(内容)条件が揃えば、先生はイラナイ的記述があったが賛同しかねる、と思った。(今、どこだか分からないので記憶に頼って書いてしまっていますが。)
・(内容)自己紹介のところの『展示会参加歴』の意味がどうも不明。(私だけ?!)

△魚丸への影響△
・モーツァルトCDをちゃんと聴いてみた。管理人さんの美的感覚が分かった。
・CDとかDVDとかもう少し真面目に研究しようと思った。


投稿しようと思ったのは、一番上のほうに[テレビ情報]がブログだったせいです。。
なんてスマートなんだ・・・時代は進化したのですね。。。。
[PR]

by uwomaru | 2006-06-20 09:08 | 日常
2006年 06月 17日

今全然アレグロ弾いてないので思い出し書き。

メトロノーム60の倍遅で(とゆうことは30?)スタッカートを
きちんと弾くことができて初めて「スタッカートってこうだったんだー」と発覚。
なんちゃってでは30では弾けません・・・。
と自分で感心したのだが、またできなくなったのでまぁこの際書いておこう、ということで。

動摩擦係数か静止摩擦係数か、どっちかだーと誰か(誰?)が
言っていたのにもう全然覚えていないのですが、あーナルホド。
気分的には静止摩擦係数。動いてない。

ぴゅーっと動いてパッと止まる、というのはなんて言うのかなーあーナルホド。
この状態を言っておったわけか、と得心したのでありました。


こないだのコンサートは、舞台に演奏者がいませんでした。
見えてないので分からないけど、たぶんニ階席のオルガンのところにいて、
一階席のひとは皆頭を垂れひたすら爆睡聴いていたのですが、
うーん、生きている音と死んでいる音がある、と思った。
いや、そのときは生きている音ばっかだったんですが。
自分の出す音がね。。

演奏会後のお茶のとき、猫が獲物を獲ってきたら、手を出せ!と主張して
手の上に載せて呉れるという話になって、私は芋虫から鼠からもらい放題だったけど、
雀だけは口の端から見えていたので流石に手に載せられはしなかった、
と言ってハッとしたのだけど、それそれ。
姿形はぱっと見同じなんだけど、生きている猫と運ばれている雀とでは全然違うんだ・・・って
雀と猫では見た目も違うけど。まぁそんな感じで。

緻密過ぎる、と昔(になってしまった!!)よく先生に言われていたのだけど、
それはやっぱりなんとかして見た目だけ揃えようとして、とにかくたっくさん並べて、
死んだ音まで混ぜこぜにしていたからなんじゃないかなーと思ったり。
じゃあ何が違うのか、というと『息があるかないか』と思ったりしているわけですが。
なかなかです。。

ん?!なんか反省文っぽい。ナゼだ。
[PR]

by uwomaru | 2006-06-17 08:32 |
2006年 06月 16日

一進一退

なんかまた止らなくなったな・・・。
ということで練習になっておりませね。
どうも右手の人差し指酷使に原因があるような。仕方ないですな。

楽器だけがガンガンに鳴っていると思うのは振動がすごいからなのですが、
実際に鳴っているかどうかガンガンに響く部屋なので全くチェックできません。
って前、同じ部屋でも全然鳴らねぇ・・・って自分で言ってたので大丈夫とは思うけど。

ところで書いたかどうか忘れたけど、D線どうもウルフっぽい。
もう、この楽器はウルフばっかぢゃ!!
A線のBとD線のCが胡散臭いので、きれいな音色のみ追求すれば、
上がったり下がったりしなきゃならんのでござりまする。。

何かもう日本語が壊れてきたので寝ます。。
[PR]

by uwomaru | 2006-06-16 22:20 | 体のこと
2006年 06月 14日

気になること。

息が。 よくわかりませんが。。。

先日のらっぱの先生からレッスン受けたひとから聞いた話。
姿勢が・・・と言って、『どすこい』をさせられたそうな。
ということは前傾。

ということは骨盤が?と聞いたら、斜めに云々・・・とのこと。
うーーーん、逆行。。

しかしそれにしても、甲野氏と同じ系列の顔の方でした。
耳が左右大きさが違ってたねーと言ったら「どこ見てんの?!」と
驚かれたけど、私だっていつもいつも人の耳ばかり見てないよ・・・・。
[PR]

by uwomaru | 2006-06-14 10:16 | 体のこと
2006年 06月 12日

夏行き

日程が決まりました。興味がある方はご連絡ください。。
ちょっと今回は・・・・・・・アレですが。アレって何だよってよく分からないけど、妹が楽しみにしちゃって会社も休めたら休むよ?!ってどういう歓待ぶり???(困惑・・・)
[PR]

by uwomaru | 2006-06-12 15:52 | 日常