<   2006年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2006年 03月 30日

来たけれど・・・

もともとついていた台座(?)が外れない。 
さらに、苦し紛れに連絡した楽器屋さんは風邪で寝込んでいて今日は無理。

orz......


しかしまぁもしかしたらこれだけ弾かないというのはむしろヨカッタかも。
右肩がもう少しどうにかなりそう。
実際に力が足りないのは肩とか首とかではなくて腹(脇腹?)。
不足を補うには腹筋では無理め。ともかくここを育てるには時間かかりそう。

長さと柔らかさが必要なんだけど、
にょろーっと長い腕とやわらかい背中になりそうな気配がある。
今までは手首の軟らかさと人差し指を固めて捻って長さを出していたのでそのクセを取るのが大変だ。
本当にこれでよく今まで弾いていたものだ、と思う。
[PR]

by uwomaru | 2006-03-30 18:50 | 体のこと
2006年 03月 29日

待ってます・・・

金色の部品マチ。
マチマチひたすら待ってます。
27日に郵送完了というメールのお知らせは、きたんだけど。
まー別に一日二日違ったとしても全然良いのだけど。

ペグで微調整は叶わぬ夢でした、微妙に凄絶な気持ち悪さ。
バカになっちゃたネジが雑音源にもなって別の弦弾いても変な音。
うーーー哀しい(T_T)
いかに、ふだんからの整備が大事かということを思い知ります。。
[PR]

by uwomaru | 2006-03-29 16:23 | 日常
2006年 03月 25日

ネジキッタ・・・

・・・自分にがっくりです。
[PR]

by uwomaru | 2006-03-25 19:51 | 日常
2006年 03月 25日

ヤツがおる

私の真上の上空に。
右手の吊り糸は右手首にあり、静止位置は全弓ダウンのときの元の場所。
だからアップは本当は何も考えずにひゅんと元に戻るだけなんだ。
前からどうもダウンで弾ききっても弾き終わりは弓元に手が来ているので変だな~とは思っていたけどそういうことか。操られ人形になる。
[PR]

by uwomaru | 2006-03-25 09:13 | 体のこと
2006年 03月 23日

右のあご~首にかけて

開いてました。。。。。。
相対するのがどこかわかったかもしれず、そーすると頭がどこにくるかピタッと決まる。
最近はずーっと鏡に張り付いて弾いてます。これでは、暗譜せざるを得ない・・・。

ふむ。なんか本当にごく自然に弾いているので、今までのすごさが良くわかるというか。
しかしもう十年以上も昔からこのように弾いていたようにしか見えない辺りは我ながら流石。
[PR]

by uwomaru | 2006-03-23 11:12 | 体のこと
2006年 03月 23日

私の顔がトリガーに・・・

ということで、母はついに「私もヴァイオリンやる!」と言ってしまいました。
私が時給二千円で教えるそうです。(時給?!)
楽器の予算はイチキュッパとか言っていたのを無理やり10万にあげさせましたが、こんな田舎ではちょうどいいのはないだろうなー。弓はきっと私の前のものを使うことになるかもしれません。
まぁ・・・ゲイリー・カーの辺りからどうも怪しかったのでいいんですが。
とりあえず「うーん、いい楽器がなかなかないねぇ」で何年か引っ張ろうとは思っています。
[PR]

by uwomaru | 2006-03-23 10:44 | 日常
2006年 03月 21日

そっくりさん。

久々、母と会話。

たまたまテレビつけたらねー
おお魚丸そっくりー!な女の子がヴァイオリン持って出ててね。
今は違うけどさ、髪の長さとかも似ててね。なんて名前だったかなー

・・・って誰?ヴァイオリニストは美人しかいないはず。
とりあえず『て』で始まるひとだったらシバクのでよろしく。

サヤカ?なんかとにかく髪の長い若い子よ!

ま・さ・か★ ショウジサヤカ?!?
すっごい上手な子でしょう?

あーそれそれそういう名前!!
全然分かんないけどさ、上手だったよーー
いや、それよりもさ、本当にあんたに似ててね。

ほうほう
(以下もうツッコミは略します。どうか魚丸気分で読んでください。)

なんかとにかくチッチャイ子でね。
韓国人かモンゴル人でも通じるようなアジア系の顔で。
腕の下のほうにビラビラっとなったドレスなんだけど、どーもイマイチ垢抜けない色の。
ちょっと田舎の子みたいな感じでねぇ。
あ!それはともかく髪の黒さと多さがお前そっくりで。
まぁそれにしてもとにもかくにも小さい子でね。
うわー魚丸みたい、と思いながら見てたよ。

でも陶然というか、もう楽器と一体となって音を紡ぎ出しているというか、
ねぇとにかく一般人から見ればアレはもう『演技』よね。(この演技については、略)
それで最初はなんだかしっとり系の曲想で歌いあげる感じだったんだけど、
次にピアノ・ソナタとかなってピアノがバーンと出て独壇場かと思ったら、
ヴァイオリンも途中から加わってお互い叫び合って。うるさいくらいでね。
でもそれにしてもすごいなーって、つい、見ちゃった。


ショウジサヤカさんに似ていると言われて悪い気のするひとがいますでしょうか。
まー『顔が』だろうが何だろうが。
ちなみに私は写真しか見てないと思うので似てるかどうか分かりませんが、かなりお若いハズ・・・
ひひひ。こちらは素直に嬉しいです。

にしても、チッチャイとか何回も何回も言わんといてーー。
[PR]

by uwomaru | 2006-03-21 00:01 | 日常
2006年 03月 21日

ゴリラの背

これってアリ?と思いつつ弾いていました。昨日ほど全部が全部きれいな音というわけではないというか、慣れたのかもしれないけどやはり何か違う。音がもっと遠くで鳴ってる感じ。やはり窓拭きしてしまったのがイケナイのかも。でもおかげでだいぶ背中が均等に動くようになってきつつあって背中をグーっと持ち上げてみたら、長いはずの首が結構普通の長さになりました。もしかして。。
トリルが何気なくばっちりはまったので、特筆。
[PR]

by uwomaru | 2006-03-21 00:00 | 体のこと
2006年 03月 19日

楽楽

右の肩先を下げようとしたらパキパキっとなって、アレ?なんだか鎖骨が楽になったぞーと思って弾いてみたら、なんだかすごいことになりました。うーん、ここまで私は要求してなかったのですが。楽楽。なんだこりゃ。

弓の巻皮については以前もこーいう事態になって部分補修をしてもらったことがある。
そのときとほぼまったく同じくらいの穴の状態(皮には一部完全に穴が開いているが、下地は無事)で、ここで手を加えるべきか否か煩悶する楽器屋さんから出た最初の提案『ちょっと違う場所を持って、弾いてみては』を採用することにしてちょこーっといつもより上の辺りに指を配置して弾いてみた、というのも効いている気がする。もしかして持つ場所が良くなかったのでは・・・・。


ふむ。面白い。
ウリウリと音がね、出るんですけど、なんだろう、
よーわかりませんが、非常になんというか、違うのです。
同じ音程なんだけど・・・。
同じサイズの同じ布って言っても、木綿と麻と絹って全然違うじゃないですか。
とゆーくらい違う。
ドレスでも縫う気か、私よ・・・?

でもって右手が、オラウータンの手ですね。
ゴリラとは違う、なんかもっと長く下にでれっと垂れて、弓の動きにワンテンポ遅れてついてくる感じ。・・・この話は聞いたようなとこだな。
この状態になるためには私は右肩先を落とさないといけない。
で、肩甲骨に沿って首にかけて吊り上げて、その対比としてアゴは右側をもっと引かないとダメな模様。ものすごい筋肉不足。ほとんどまったく利かない。でもなんか昨日でこれかーと思ったのでたぶん大丈夫。

そんな感じで、今後、全然違う音が出るようになるかもしれません。楽しみです。
その前に是非、薩摩琵琶の話を書いておかねばと思いますが、まだまだ先かな・・・。
[PR]

by uwomaru | 2006-03-19 14:32 |
2006年 03月 18日

サボり魔の近況報告。

調子良いです。雨なのに。
鼻歌気分のコントラバスのような音がします。
つまりG線もD線も楽々ってことで、良いのです。が。

今年はちょっと諸事情により春の定期検診&毛替えはやめておこう、
行けるのは早くて6月、遅ければ8月だな~
という心積もりだったのですが・・・
ふと見た弓の巻皮にめっこり穴が・・・・・orz......ちょっと見過ごせないほど開いている。
・・・どうしよう。もうバースディ割引無理なのに・・・と煩悶中です。

ハァ・・・
すっごい調子良いのに・・・

プラン(案)としては丁度良い誕生日の友人に同伴してもらって飛行機に乗る(チケットはコチラ持ち。それでも安いハズ)、まで考えたのですがもういいやーー。なるようになるさーー。というわけでしばらく保留。というくらいに調子良いです。実は弦は全然替えてないのでE線なんかもう全然チューニング合わないので、音は合っていないハズなんですが。。
勿論弦を替えた瞬間に「嗚呼また人生の無駄遣いをしてしまった」と思うのは間違いないのですが、楽器の鳴りには全然関係ないようです。


というわけで私は考えた。

その昔めこめこにコンチェルトを教え込まれたときと弾き方自体は変わっているけれど、音の出方はたぶん、同じ。それでオッケー、と言われて、私は「ヴァイオリンは上手に弾けても楽しくない。耳元でシャーシャー鳴るだけだ」と先生に文句をたれた。馬鹿者。いや、正直者だということで。しかし心の広い先生は全く怒らず、へぇそうかーそんなふうに聞えるものか、ふむふむという反応だったのであるが、その『シャーシャー部分』が肝だったようで。これ以上はもう言葉にするのがシンドイのでやめておきますが、結論だけ言うと、ここを聞かないっていうのは勿体無いと思う。勿体無いというのもどうかと思うが、自分も含めてこの辺を聞いて弾いているひとは少なくともレイトスターターにはほぼ皆無なように思う。勿体ないです。う、まわっちゃった。いや、ここが音の ボディなんではないかと思うのでありますが、まーまだ掘り下げてみないと全然よく分かりきってはいません。残念ながら。
[PR]

by uwomaru | 2006-03-18 16:20 |