魚丸記

uwomaru.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:レッスン( 44 )


2005年 11月 27日

納得。

わかったよ・・・・


ということでありました。はい、もう本当によく分かりました。
身長も体重ももしかしたら、体力も関係ないな^-^おっ手が勝手に顔文字を。。


もはや、何を言う必要もないのだが、一言いうとすれば、

ずるい。

ずるいぞーー弾けるひと!!弾けないひとは苦労して音出してんだからなーー!!
・・・だからってエライ訳でもすごい(ある意味スゴイが…)訳でもないですけど。


といわけで、しばらく境界を彷徨っていると思います。
私にしては珍しく、曲を弾いたほうがいいのかもしれない、と思ったので。
こーやってヴァイオリンサイトって閉じていくのね・・・という気もしなくはありませんが、
まーきっとぼちぼち続くでしょう。たぶん。。
[PR]

by uwomaru | 2005-11-27 14:35 | レッスン
2005年 11月 14日

『はい、もう一回』地獄、ふたたび

プロコの合わせのときのような状態になってきた。

分かるまでやるし、分かったら分かったで、絶対間違えないとこまでやらないと意味がない。
特に、私が。
で、一番怪しかったところを磨き上げたと思ったら、なんともつまんなく弾いていたりする別のとこが発覚する。ぎゃー。

すぐできるもんでもないので、じゃーこういった方針で、とさらってきて合わせてみたら、
「あれ??こっちかも?!」ということになってみたり、
別の楽章やってみたら「そっかーー」ということが分かってみたり。

そう、終わらないのだーー。
[PR]

by uwomaru | 2005-11-14 22:22 | レッスン
2005年 11月 04日

醍醐味。

ここはこういうふうに弾きたいのだけれども、いきなりは難しいので
ひとまずこのように弾いてみて感じが掴めたらやるようにしましょう。
きっとできるようになると思うけど、実は私もまだできないの。

という台詞が先生から出てくるのは嬉しいですね。
毎週毎週レッスンで先生言うことが違いますねん、というのは習い始めのひと共通の
悩みだと思うのですが、先生が今考えていることの最先端を見せてくれる証ですよね。
ヴァイオリンを習うひとのラッキーなポイントのひとつだと思います。

ちなみに上記の内容は根津さん10/3付日記にあるのとほぼ同内容だったように解釈してます。
私が完全に理解したわけではないので文字にはしませんが。。
(あ、根津さんのところには対策は載っていません。あくまで私の備忘のため…)
[PR]

by uwomaru | 2005-11-04 12:08 | レッスン
2005年 10月 03日

レッスン雑感

昨日レッスンまでに結局一回も通さずじまい・・・
先生にも「えぇ?!!」と言われてしまった・・・
帰ってから弾いてみたところ、3頁めから倍速でカウントしていたことが判明。
うーーん、難しいヒトだ自分。

しかし。タイミングは相当よく掴めてました。
くっきりはっきり書いてみせられるくらい決まったところも。
今までの自分にできた最良の評価が10として軽く15相当くらい。
メトロノーム、効果バツグン。

曲として作りこむまでにまだ何段階かありそう。
そこまでさらえるようになったというか・・・
一楽章あっさり通ってしまったのでありゃあも一回やり直しですねん。と思われる。
二楽章はもっと・・・はい。良くなりそう。


うーーん、そしてこれはフライングかもしれませんが。。
ようやく弓を使えるようになったかな、、、、あ、気弱ですが。
良い弓です。楽器との格差がばっちり見えるようにしか弾けなかったので、レッスンのたびにどの先生からも「もっと弓を使いこなさなきゃ勿体ない」「いっそ楽器変えたら?」・・・奏者の首をすげかえるのが一番早い気がシマス・・・だったのですが、使えてる瞬間が見えてきた。でもって、潰してる瞬間というのも分かる。といっても分かるだけですが、今までのように振り回されるばかりではないです。見えるようになってきた感じ。まーでも本当に私には勿体ない弓です。。。
[PR]

by uwomaru | 2005-10-03 11:07 | レッスン
2005年 09月 25日

スロー

今回、長かった譜読みもやっと終わり、3楽章通して表情を!ということに。

ディナーミクがごっそり変更・・・
なんつーか私がフツウに弾くと逆なのですわ。おほほほ。
弾けるように分解するのと弾けるのを分解するのとではまったく違いますね。
なんつー弾き方(⇒奏法ではない)をしてたんだと自分でもびっくり。

うーん。。やはりクラシックの素養がまったくないような。
だからレッスン行くんでしょうけど、うーーーん、一言で言えば『ザル』なので
また忘れ去るんでしょう。。
来週くらいまでは覚えていそうだけど、それ以降まったく自信なし。うーん。。。


・・・というかお月謝を渡して来なかったことにたった今気付きました。
たったひとつの取り得(?!?)が消滅。



・・・・うーむ。。。。。。
[PR]

by uwomaru | 2005-09-25 19:28 | レッスン
2005年 08月 08日

撃沈・・・

仕事のあとレッスン通われてる方、心底尊敬いたします。。
私にはムリムリムリムリ・・・・

まぁそんなわけでボロボロ帰って車に来たら、この前のおじさん。
これ最後の一個だから、とまたもや黒糖アメをくれて、もうお話が止まりません。。
疲れて落ち込んでるのは私ですかーーおじちゃんですかーーー。

車のナンバーが大阪モノなのでどうしても声かけられちまいます(そして話長い)。
ちっ。
せめて可愛い髪型にでもしようかのぅ!!!
というわけでこれなんかどうでしょう。(⇒結構マジ)

ちなみにそのおじさんのヘアカラーは紫ですので。。
[PR]

by uwomaru | 2005-08-08 19:54 | レッスン
2005年 06月 13日

先生スゴイ!

なーんと、三楽章をメトロノーム40で練習してくれているそうな!
それなのにたった二ページめで初見が発覚する生徒ってどうよ・・・。
あまりに堂々と弾いてたせいか怒られませんでした。。
せっかく弾くなら・・という気もします(ならオマエ練習しろよ、という話はおいといて)が難航しそう。

カイザー11番。もう音間違いまくり。
ここはすごくキレイに弾けるぞ、というとこで音が潰れちゃったのが心残り。

しかしまぁ、ちょっとだけ弓の良さを使えるようになってきたのかなぁ、という気がかすめました。
うん、やっぱりお金かけられるときにかけといて良かったデス。
今は到底無理っす。 いやもう古今東西ムリムリ。


毎年のことですが、夏がきて楽器が膨れてきた感じがあるのでアゴ当てを緩め気味にしてみました。外れない程度にほんの少しなのですが、鳴りが変わるかどうかちょっと実験。うまくいくといいのですが。弾いてる最中に外れたら(←経験アリ。しかもオケ本番中)相当おバカさんですねぃ。
[PR]

by uwomaru | 2005-06-13 14:03 | レッスン
2005年 05月 22日

そういえば

私は譜面に全然書き込みしないので、先生が書かなければその譜面は真っ白です。
なんで書かないのかな。。 分かりません。でもなぁすっかり分かったら書く必要もないし、
ぼやっとしてる段階で書いたことは意味ないしというので書かないのかも。
おほぅ、こうしてみると自分の記憶力に自信アリアリということなんでしょうね。
なんてヤツだ。

さてレッスン。
じみーーな練習していったおかげだかなんだか知りませんが、おおこれぞ二楽章!!
というノリが一瞬現れたりしてすごいなぁさすがに続ければこんなこともあるもんだ、という
気もしましたが、その一瞬を作り出すテンションに疲労困憊(もう今日は弾かれへん)。
プロは人間じゃないのよーーもしくは私の体力が子供(3歳児くらい?)以下なのよーー
とでも思わなかったらやっていけない。
にしても。この音はヴィブラートがんがんにかけて弓も早く!と指示しながら先生が弾いた
弓のスピードは私と段違いだった。二度めもダメだった。そこだけはなんとかしよう。


しょっぱなのテンション。
ヴィブラート。

出だしさえできれば、もう間違いなくそのノリで行けるのにな~~。
(浮きます。そのうち、空を飛ぶ、のかもね?)

あと。左親指について先生に確認したらOKそれもアリということだったので今後も継続の予定。
それは結構指が長くないとできないけどね、とのことだったので長いふりをするしかないでしょう。
うはは。指が、長いフリ。だますのは自分。


追記。
カイザー10番。フリーズしそうになりながらもなんとか今週で終わりにしてもらいました。
最後から二番目の小節でお約束(?)的弾き間違いをやらかしてしまって先生からの『作曲認定』が。きっと先生も『のだめ』読んでるに違いない。そういえば薦めたような気がするし。
11番音取るの難しいよ、と手本を示されているのに先生の親指のチェックに忙しく、記憶があまりない。まー大丈夫、私ひねくれものなので、変な進行の部分だけ臨時記号とか補助記号を書き込んだりしたりしてきちんとさらうから。って書きコンドルやんけ、オマエ。 ←落ちた落ちた♪♪
[PR]

by uwomaru | 2005-05-22 13:31 | レッスン
2005年 05月 08日

久々レッスン

今日のレッスンなかなか有意義でした。

もう一音一音、音程指摘されまくり。
ヴィブラートのかけ方(かけ始めるタイミング・回数)、使い方までかなり細かくやりました。
なんか、正統派レッスンっぽかった。

普段どれだけテキトーに弾いてんねん、という事実が次々に暴かれるのでニヤニヤしてしまいました。
うーーんなんか本当にこういうのは久しぶりで新鮮(?)でした。
にしても。
やっぱりちゃんと弾くとちゃんと楽器も鳴るもんだな~というのが最後の感想。

楽器の調子が××というより私のやる気のなさが演奏にモロ出てさらに弾く気が削がれていく、というのが私のパターンなので、やはりレッスンは欠かせないなぁと思います。


毛替えしたらどうも弓の毛が強いな~とか、A線とG線替えたばっかだからな~とか楽器のせいだよ、といろいろ思ってたけど、やっぱり私の体のメンテナンスが一番行き届いておりませんようで。
真っ直ぐ立って弾く、というか弾ける体勢で立つことができるのって重要ですね。。
[PR]

by uwomaru | 2005-05-08 23:11 | レッスン
2005年 04月 25日

そりゃないよ・・・・

という事態に陥って凹みまくりの毎日です。
そんなことをつらつら書いても楽しくないので書きません。
が・・・他人事だったらきっと面白いと思うよ・・・。とほほ・・・ですわ。


昨日レッスンだったのですが。
あろうことか先生の音程にダメ出ししてしまったらしい(←その時点では気付かず)。。
冷酷に追求してしまいました私は鬼です。

なんというか。
音程の作り方には各人の好みがあると思うのですが、そこを突いてしまったようです。
ピタゴラスっぽいけどそうでもなくて、当然純正律でもなくって、こうこういう理由で短二度をこうこう取ってるからそういう結果になりました、と細かく説明されて謝られてしまいました。
うはーーしかも「じゃ、どうしますか?」と追い討ちをかけてしまった・・・けど二人で弾く以上どっちかに決めておかなければ(少なくとも私はそういう音程の取り方を普段しないので)細かくうなりっ放しになってしまう、というのは事実。
かといってその結構特殊な音程で私が弾けるかというと・・・たぶん無理。
結局先生が折れてフツウっぽい感じで音程合わせていきましょう、ということになりました。
が。・・・はっきりしているのは、前途多難ということですね。

こんなことを書くのもアレですが・・・というわけで気が向いたら削除するかもしれません。。
[PR]

by uwomaru | 2005-04-25 19:57 | レッスン