カテゴリ:レッスン( 44 )


2010年 07月 26日

最近のレッスン。

最近のレッスンはかなりナゲヤリなので、単にゴリゴリ弾いてるだけになってしまっている。
音程に注意してさらってあります的なコメントしかもらえない。うーむ。
それにしてもドの音が分からない、と思っていたら、絶望的に低く取っていたらしい。
それなのに音程が良い?のか???謎だ。

さりげなく発表会の日程が知らされたので、やはり、出なければならないようだ。
ソロ曲のほかに3曲くらいやってんだけど、本当にコレ全部やるのかなぁ…。
とりあえず、全部暗譜だったら無理だべ。



[PR]

by uwomaru | 2010-07-26 23:25 | レッスン
2010年 03月 15日

次回は暗譜…。

ようやく譜読みできたか?くらいなのに、次回は2曲とも暗譜せいとのこと。
ずいぶん前のめりなスケジュールだな。。

ヴィニャさんの曲のほうがトリッキーというか、フラジオとか左pizzとかたくさんあって楽しい。
重音も実はそれほど大変でないし。装飾音符はまぁ…面倒ではあるけど別に。あ、ひとつ音違ってたよな。
先生も、こういう曲のほうが良いのね、と。ええ下手さが直に伝わらない分こっちのがかなり気がラクでふ。

正直言えば、モツさんの曲はきちんと弾くの難しいから嫌。
でもまぁやらなきゃ永遠に苦手だから、今回は仕方ないな。
[PR]

by uwomaru | 2010-03-15 17:59 | レッスン
2010年 03月 03日

子供か、レベル。

久々レッスンもその前の練習はせいぜい15分。寝坊。毎日寝坊。
それにしても、何もかも忘れ去ってもはや「お子様か…!」状態どうしよう。
潔くというかそれ以外しようがないけど、自白して弾いてみて、
先生のコメントは「そこほどまでに悪くなってはいません」みたいな感じだった。

ハァーとにかく疲れたなぁ。。

発表会の二曲目はチャカチャカやるやつが良かろうということでモツ曲の次のヴィ??に仮決定。
重音やらフラジオやら左手ピチカートが弾けなければ変えよう。10月に向けてフライングスタートだ。


こうして冬眠状態になっている間に溜まった書類とか手紙とか整理したら、バッチリ2月中必着!というものがあり青ざめた(今年も間に合わず…)。しかも前のマンションの保険が解約されていなかったことも発覚。誰に怒る気にもならない。まぁ結局のところ自分が悪いんだが。ようやく気を取り直していろいろ動き始めようと思ったら、来週初めは冷え込んで雪になるらしい。そんなのアリか。
[PR]

by uwomaru | 2010-03-03 18:41 | レッスン
2010年 02月 08日

二重奏。

結構きれいにハモっていたような。何が違うんだろう。
ところで弦が限界。特にE線。しかし今交換するわけにはいかない。

モーツァルトのええと…白本4のアダージョの譜読み終了。
発表会はこれと…え゛っ。…短いので他にも一曲考えるそうな。マジすか。
[PR]

by uwomaru | 2010-02-08 19:06 | レッスン
2010年 01月 25日

あの曲は何だ。

レッスンのとき、思いの外音程が良かったらしい。自分でもちょっとそうかもと思った。
でもこのところ二週間全然弾いていないに等しいので、理由はあの久々に聴いたMDくらいしかない。
十年以上前に誰かからもらったもの?全然記憶にない。(そんなのを捨ててないあたり…。)
中身はドボルザークか?スラブっぽい気も??弦楽トリオとかで(曲によって違う)たまにフルートも。
うーーん。なんだろう。猫が寝ている間に、色々聴いたほうが良いのかもしれん。

あまりにヘンデルを弾いていかないものだから、ついに次回からはモーツァルトに突入。
譜読みがなぁ。なんか分からないけどローデも見て来いと言われた。
しかし、たくさん課題ががあればあるほど、練習しないと思う。。
[PR]

by uwomaru | 2010-01-25 22:02 | レッスン
2009年 11月 02日

なめてる。

今日は旦那さんが出てきたorz そして楽器を一通り弾いたあと、一曲聴かせていただきましょう、ということになり、急遽弾いたヘンデル1楽章の出来がイマイチであったために結局エアバリエも弾いてそれもさらにイマイチいまに。いついつの教会チャリティコンサートに合奏隊のひとりとして出て欲しいけど、忙しければ本番のみで構わないと仰り、OKしてしまった(なんか断れなかった)ところ風のように去って行った。というわけで今回のレッスンは半額だった。なんだそれ。

反省すべきはもう反省すべきだけど、三週続けてこんな目に遭うとは。想像を絶する事態也。
[PR]

by uwomaru | 2009-11-02 20:25 | レッスン
2009年 10月 26日

決定。

隔週で坂の上の教室に通うことに。
ルート選択を誤って半端無い坂を階段で一気にのぼったので、今日も半死に。

なんかやたらと耳の良い先生で驚いた。バレバレのバレバレ。
そしてやたら大量に宿題をいただいて「じゃ、また来週!」に「あの…隔週でお願いします…」と言うのは勇気が要った。まぁゆったけどなコッチも伊達に歳食ってないからな。ちなみに、最初におお結構弾けるじゃん!と思わせておいて一歩も進歩しないのが私の黄金パターンだ。

いろいろ話しながら楽器を弾いて(本当)、あれもやったこれもやった結構やってるね、ってことで、一瞬コンチェルトに走りそうになった先生を私が制して勝利した。次回以降は指馴らしにバッハ無伴奏・パガニーニ無窮動、本命曲に4巻のヘンデル、合奏曲にビバルディのデュオ。
かつてなく多い宿題。まぁ来週までに全部見るのは確実に無理だ。
頑張ってテキトーに手を抜きつつ一生懸命やろうと思います。

さっき耳が良いと書いたけど、私の楽器の作者を知らない(まぁある意味マイナーだから知ってる人しか知らない楽器)のにも関わらず、同程度の作者の名前がさっと出てきた。流石。値段は安すぎて不満げだったけど、今の相場を言ったら納得していた。さらに、今まで「どこで買ったか?」という質問はよくされたけど、今日はどうやって探したか?と聞かれた。新しい。そう、大学オケで楽器を始めて良かったね、とも言われた。素直でないので素直に頷けなかったけど、全くその通りでこの世に生まれていなかったかもしれないってことだ。この凄い岐路に立ったとき、奇術同好会とどちらにしようと迷っていたことはそろそろ忘れて良い頃だろう。

楽器の音は私が弾いているにも関わらず、品の良い綺麗な音とかいうふうに仰ってくださり、気に入っていただけた模様。良かった。
[PR]

by uwomaru | 2009-10-26 19:02 | レッスン
2009年 10月 20日

しまった。

そーいや連絡来ないやね、と、二番目に電話してつながらなかった個人教室に電話したら、つながった。
激しく動揺してとても不審な電話になってしまったけど、先生も同様。すまんことをしてしまった。

来週、第一回目というとで。週4回だと8,000円で、月2回は4,000円でいいそう。しかも1時間。
うーん。。 電話の感じでは年配の女性で、いい感じだったけど、習ってるのは中学~高校生くらいかな?
大学オケから始めて十年以上弾いています、今は白本3巻から好きな曲を、と言ったら微妙に落胆された。
でも、そんなもんでしょ。持って行く曲を聞かれたので、ついつい「えあばりえを」と、即答。うぎゃあ。
えあばりえは3巻に2曲あるので、どっちかまだ逃げ道はある。こないだやったのが楽は楽だな。
そういえば、発表会以来一回も弾いてない…。

それで、昨日紹介を頼んだ先生にその旨連絡しようとして、はたと連絡先を聞いてなかったことを思い出した。
やりおったorz.....しかし、今日頼んだ先生は何と言っても徒歩15分(途中、坂道があるらしいので怪しいが)。
紹介最有力候補の篤姫先生はバス20分。 地の利には勝てない可能性が高い。高すぎです。

しかし、今回の先生はお試しでなくていきなり即決っぽかったのだけど、良いのだろうか。
イヤーッ!と思ったら2回分の月謝を置いて逃げよう。。
[PR]

by uwomaru | 2009-10-20 18:15 | レッスン
2009年 10月 19日

先生探しはまだまだ続く。

先生の専門がチェロだった。
あははははは。
その代わりと言ってはなんだけど、個人でやってるヴァイオリンの先生を紹介してくれるそうな。
例のおけのとっぷらしい。実現すれば有難い話。

今回も、トンデモ質問が出た。
「どうして専門の道を選ばなかったの?」

ええ…今弾いたの聞いてなかったのか!?と。どーしてそんなスペシャルな質問が出るのか。
テキトーに、自分より上手なひとがたくさんいるから(そんなこと考えられない)と答えたのだけど。
本当のところは、心底やりたいとは思えないからだろう。夢を持つ前に知りすぎてしまっている。
あと、本当にプロはレベルが全然違うということも分かっている。自分にできるとは思えない。

まぁなんにせよ、楽器の音とかフォームとか褒めてもらえたのでヨカッタ。ということで。
なんか、オケの勧誘が激しくなりそうな予感がしなくもない。寒いから練習に行きたくないことは内緒だ。

ところで今日は、実に疲労困憊状態だったので、へろへろで申し訳なかった。
こういう事態は予測できなかったものの、他人様に聴いてもらう心積もりはいつも必要だな~と反省した。
もっと体力が欲しい…。
[PR]

by uwomaru | 2009-10-19 22:00 | レッスン
2009年 10月 14日

どうしましょ。

レッスンに行くべきか行かざるべきか、懊悩中。財布的には当然やめたほうが良い。
しかし、複数のひとに(生活の?)ボロボロっぷりを指摘されるとやはり何か心の支えが欲しい。
オケは時間的に無理だしなー、ということでやっぱり個人レッスンでしょ!と思い立つ。

場所で選ぶモンでもないだろうけど、近くないと寒さがツライので近くで探そ!
と最初の電話(徒歩5分)は「あー空きがないんで」。ええ、こういう対応は深く心に刻まれることでしょう。
次の電話(徒歩20分)は個人宅の可能性もあるのだけど、つながらない。うむ。じゃ、次。

その次の電話(徒歩10分)は、最初のと同じく某有名メーカー主催の教室で対応は普通。
先生の年齢に妙にこだわっていると感じ取られたらしく、失礼ですがと年齢を聞かれる。そりゃそうだ。
来週早々に体験レッスンが入れられるということで、予約することに。
「楽器を持っていますか?」に持っていると答えると大層喜ばれた。嗚呼…。

あとは先生が可愛ければ行くかな~しかし、月30分×2が六千に釣合うかどうか。
相当シビアな判定が下されそうだ。
ちなみに月30分×4は八千ちょい。どういう計算か知らんがイケルならこちらが断然お得。私は無理だ。

今日中に体験レッスンの時間を折り返し連絡します、に対して先程講師と彼是の理由で連絡がつきませんので明日…ときちんと電話が来た。理由なんかどうでも良いのだけど、あーどうしよう事務方はまともだわ(あまりナイ)。ただ、空きがあるということはソレナリ(…)の可能性が高いのであまり期待しないでおこう。
[PR]

by uwomaru | 2009-10-14 18:11 | レッスン