魚丸記

uwomaru.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:レッスン( 44 )


2015年 06月 15日

モーツァルト3番

2年ぶりに曲が変わって、今度はモーツアルトのコンチェルト。
路線が…どうなっているのかよく分からないまま、ノリノリの先生にがんがん弾かされる。
一応、事前に出だしの20小節ばかり弾いただけのほぼ初見。譜割りもよく分からんままどんどん進んで、まさかこれって事前にガッツリ練習しとけってことだったのかと後悔の嵐。戸惑いつつも、うーん、この曲、ヴァイオリンに合う!凄いなー流石モーツアルト、なんて美しいんだと感動しきり。挙句、先生にも結構さらってきたの?と聞かれて初見以降、なぜかどんどん全体的な完成度が下がっていくのだったとようやく思い出す。

少し前から楽器屋さんのおススメで松脂を変更。この松脂はずいぶん前にトライして気に入らなかったけど、今の楽器と弓にはかなり良い。流石の慧眼に恐れ入る。
c0012866_1313286.png


このところ、楽器を出すとにゃーにゃー言いながら定位置に陣取る猫。
こんなにべたべたするのは本当にこのときだけ。何が起こっているのかは未だ不明。
c0012866_1342661.png


弾いている足元が余りに雑すぎる点は見逃してください。
ともかく鏡と譜面と私の間に猫のベストポジションがあるらしい。
[PR]

by uwomaru | 2015-06-15 01:39 | レッスン
2015年 02月 22日

音階練習からの脱出。

ようやく、もしかしたら一年以上前から捕まっていたDes-durから脱出できた。
次は六度の音階。さらなる地獄の始まりか。

一年越しのスプリングソナタもだいぶマシな感じに。
ただし一楽章のみ、しかも後半スタミナ切れてへろへろなのは相変わらず。
しばらくぶりに思い切りクラシックを弾いた感があるけど、己の下手さにゲンナリ。
なんだろうか、この年々下手っぷりがレベルアップしてく罠は。どこまで続くのか。

トータルでは幾分マシになったはずなのであって、ボーイングでここでこう空気に乗る感じ!
そう!と言われたけど全く分からない。分からなくともできれば良いか。

目下、練習につきあってくれる伴走者募集中。本気で探してます。

追記。伴奏してくれれば走らなくとも可。なんという誤字。。
[PR]

by uwomaru | 2015-02-22 21:33 | レッスン
2012年 12月 02日

ぐんなりレッスン

週三日弾いたせいか、先生ノリノリだ。
気持ち以前に身体が全くついていかないままに無理やり弾く。ご機嫌な先生を前に調子が悪いとは言いにくい。こうやって皆、自分を壊すのだな、と思い知る。でも面倒だから言わない。

今の曲は次回で最後までみることになった。次の曲は結婚式対策で愛の挨拶か春ソナか。ピアニストの要望次第で決める予定。弾いてくれるピアニスト、本当にいるかな。。
[PR]

by uwomaru | 2012-12-02 23:19 | レッスン
2012年 11月 11日

中断

今やってる曲は次回で切り上げて、小品をやることに。いやでたまらないのは会社で一日三食食ってる今の生活だが、違うように見えたのかもな。猫がいなければこんな生活とうにやめてます。背中の真ん中と腰、背骨の調子が最悪だ。まあ痛みが分かるようになったということは治る方向かも、と曲解してみる。
[PR]

by uwomaru | 2012-11-11 23:25 | レッスン
2012年 01月 08日

やっと。

事故後三度目のレッスン。ようやくまとも化へ一歩進めたような。

ちょっとでも追い込むとウッカリ首のことを忘れてしまいそうになりそこが怖い。
でも、やっぱり自分で練習できないと。

指が回らないより頭が回らない。
弾いていられない以前に楽器持ったまま立っていられない。
…ということもなくなったということです。

いや、やっぱり頭はイマイチか。。
楽器はバリバリ音が出ているようだけど、もはやそれすら分からない。
ちょっと前に駒の先端の向きを直したので、そのせいかもしれないな。

なんにしろ、今日はもっと上手くなれると思った。これはやっぱり、先生がすごいな。
[PR]

by uwomaru | 2012-01-08 16:16 | レッスン
2011年 09月 19日

ダウンは間接で。

実はすでにレッスン再開3度目だ。2度目のレッスンのときには遅刻した挙句、曲の楽譜を忘れる(カイザーと音階練習だけ持っていった)という大失態を犯したために書く気になれず。

ふらふらな音程はさておき三度三度注意されるのが右手。ダウンのときの形って言ったってどうすりゃいいの!?状態。先生の右手は信じられない箇所でぐにゃりと曲がる。というわけでダウンは手首ではなくて間接で行うのだ。念じてやるしかない。


今回は長~く弾いてなかったので、再開するに当たって大変だった。
まず、楽器の整備状態が全くなってない。しかも、じゃあどうやったら直るの?というのが皆目分からない。こんなことは初めてだ。今更ながら、無意識にいろいろいじくっていたんだろうな、と思う。楽器の状態に凹んで弾かないままになるくらいなら、どんなに怒られても、楽器屋さんに持ち込むのが早いかも。
さっさとレッスン申し込んだのは大正解。日常生活とは全然筋肉の使い方が違うので、三回目にしてやはり最後のころは足がふらつく。自分一人でそこまでやれるとは到底思えない。
あとはやはり時間を作って弾くという習慣化が難しい。音階練習を始めると左足の上に猫が座り込む。猫よ。

思い出したが、昨夜、飛び起きて頭元の本棚から猫のゲロキャッチしたんだった。猫…わざとか。
[PR]

by uwomaru | 2011-09-19 19:48 | レッスン
2011年 08月 01日

一昨日レッスン。

なんちゅーか、うわ自分いきなり上手になった!と思えるレッスンは貴重だな。
白本4巻1曲目をダイジェストしてもらったけど、いきなり弾いたので運動量に息も絶え絶え。

灰色の表紙で音階練習とカイザーが載ってる教本、ご存知の方がいらっしゃったら教えてください。
全く心当たりがないので困っているのでへるぷみー。
[PR]

by uwomaru | 2011-08-01 18:45 | レッスン
2010年 10月 20日

微妙な違い。

そういえば、音程はだいたい良いのだけど、A線のCとBだけに微妙な違和感があるという指摘があった。
Cの音は私の脳味噌の中にもない。Bはハッキリ言ってテキトーだ。しかしそういうなら、他の音だって。
うーん。
先生はCとE線で3度で確認、BはD線と6度で確認、という方法を提案していたが、調弦があってるのが前提だ。
とりあえず、中指はもっと中央部分で弦を押さえるようにしようと思う、という話にして終わり。

でもまぁどうも毎回同じ音を出すらしいので、正しい音を認識しさえすればなんとかなるっぽい。
歌とか聞く限り、Cの音が頭のなかにない人は結構多いんじゃないかと思うんだけど。
どうやったら記憶に残るのかな。。


ところで、音程をどうやって安定させているか聞かれたのに答えなかったけど、ひじを曲げる前に、親指中心に腕を伸ばして手の形を作っている。これやると、どう考えても左指が指板から遠くなるし開きにくそうなんだけどなぜか重音もラクに決まる。



[PR]

by uwomaru | 2010-10-20 20:39 | レッスン
2010年 10月 18日

発表会の感想など。

発表会後、初のレッスンでいろいろ。次回の発表会の話をされても、私はほぼ確実に乗れない。
おざなりにらふぉりあを持って行った。楽譜を持って行っただけのような気もしなくはない。
本番のときの写真を一枚いただいたのだけど、見事に苦渋の表情でした。

テールガットを変えてから、楽器の音がなんだかパワフルな気がする。
他の人に聞こえている音は自分では分からないけど、軽く広がるような。
構えのバランスだけでなくて、弓の引っ掛け具合とかもう全部変わってくる。
ベストがどこかはまだ全然分からん。

発表会で楽器の音を聴いてもらって、音が素敵とか好きとかいう感想のほかに音程が良いという感想もあったらしい。試しに弾いてもらえたら、この楽器であそこまで音を外すことは結構難しいと分かってもらえるのだけど。音程と楽器の発音はすごく関係あると思う。知らんけど。少なくとも私は、発音の悪い楽器でシビアに音程を聞き分けるほどの耳はない、ということかも。



[PR]

by uwomaru | 2010-10-18 22:26 | レッスン
2010年 10月 11日

本番終了~~~

とてつもなく心臓に悪い感じに仕上がりました。さすがに焦った…まさか2曲とも最後で落ちるとは。
リハーサルの出来も大概ですが、音響の違いが面白いので両方とも上げます。おひまな方はどうぞ。

R09_20100926pre.WAV (98.2MB)←リハーサルの録音。超デッド。
R09_201011honn.WAV (95.9MB)←本番録音。お風呂場。

ちなみに公開期間は(というかファイルの保存期間)は2週間です。激重ファイルでも構わない方はお早めに。
テストしてないんで、不具合があった場合は教えてもらえると助かります。

※UP期間終了しました。



[PR]

by uwomaru | 2010-10-11 21:25 | レッスン