魚丸記

uwomaru.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 09日

まんなかぽい。

弦の接点に意識を集中、ってよく言われることだけど、弦の真上でなくて自分のまん前の延長上にあると思うと腑に落ちる。ここに持ってくると、ふと、自分が一体どうやって弾いているものか分らない状態になる。でもこれ小さい頃からやってるひとが説明できないのと同じ状態ぽい。何やってるのか完全に把握できない。

音の尻尾を捕まえた、という話を書くのを忘れていた。
E線を弾いたあとスグG線に移動して弾き始めるパターンのときに、どうしても「早い!」となり、ゆっくりすれば「遅い!」となり、あああああ!でも確かになんだかずれている、一体どうすれば…というところを如何に誤魔化すかに心血を注いできたのだが(無駄な努力)。E線の音の引き終わりのタイミングを全然計ってなかった。というか、ひょん、という感じに計って弾いて途端に長年の疑問とイライラが氷解した。そんなもんですか。なんだよー。

他にも色々。夏が暑くて全然弾いていなかったのだけど、ここ何日かで恐ろしく進歩したと自分では思っている。本当にお目出度いアタマだ。そういうひとでないとこの楽器は続かないのかもよ。
[PR]

by uwomaru | 2008-09-09 22:04 | 体のこと


<< 黒仕様。      一本化。 >>