2008年 05月 25日

ずらし蓋。

ストウブ炊飯で沸騰まで蓋を開けてる理由は、もしかしたら急激な温度上昇を防ぐためかな?と思っている。全然、違うかもだけど。そう思ってしまうほど、ウチのガスレンジでは、吹いてしまって加熱不能になるのが早い。まぁ最近は最初から最後まで蓋したままだけど。

クッキングガスマットを使えば火の当たりが弱くなって良いかもな???と思っていたけど、沸騰後、蓋をまっすぐはめないでちょっとだけずらすと、蒸気漏れが1/100だったのが3/100になる感じで吹き零れずに加熱できる。最終的に煮汁を飛ばす系統の煮物も、これで上々。

ウオーなんてコッタイ料理テク不足か!!!と叫びそうに。ご飯もちょっとだけ粘り気が出ていい感じ。あんまり粘々なのは私は苦手なので、その辺の加減が難しい。舌にすら腕がついていかず遺憾。鍋蓋が鍋と寸法ピタリでなくて少々アソビがあるのはそのためだろうか。深い。使いこなせてなくて申し訳ない。

ちなみに最近は常にガスコンロで出来る限りの弱火でしか調理しない。中火とか到底無理。
己の腕を知っただけマシか。。。。 ってなんだかヴァイオリンでも似たようなことを書いた気が…。
[PR]

by uwomaru | 2008-05-25 16:38 | ストウブ


<< 立ち姿。      早すぎた衣替え。 >>