魚丸記

uwomaru.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 22日

親指が長すぎる。

原因をいろいろずーっと探ってきたけど、どうも考え違いではないかと思う。
こう、それぞれの指から配線が出てるんだけど、動くためにその配線をいちいちつなぎ直すのでは間に合わない。正しい場所につないだらそれはもう別に変える必要は無くて、中心部分で制御するんではないか。ってことで正しい場所につなごうにもなんだかバリバリしてて、もう本当に私の肩甲骨は接着剤でびっしりくっつけてあるんじゃないかと思う。親指はやっぱり鎖骨直付けっぽい。今はなんだか肩甲骨のほうでぐるぐるしてるから、長くて仕方ない。具体的に、弓を持ったときに親指が微妙に余る。左右ともに鎖骨付近が拒否してる感じでやはりバランス良く落ち着かせていくほかないけど。

てこの原理、と聞いて何をイメージするか。
大きいほうが細かい制御ができる、の意味が分からなかった。
ピタリと分かったら、面白いだろうな、と思う。

重い鍋を買って使いまくってるのもプラス。
いい加減に持てない(重くて動かすことが出来ない)。普段の動きの見直しになる。
おかげで、昔、さんざん躾けられた所作の意味が、ようやく分かった。
へんなことはへんなことなんだなー ということだけど、つくづく自分はラッキーだと思う。
[PR]

by uwomaru | 2008-03-22 18:53 | 体のこと


<< できたできた。      嬉しくないサプライズ。 >>