2008年 03月 19日

白いんげんでリゾット。

※写真は、やらせ写真です。
c0012866_20104163.jpg


豆を炊いてみたいと思い、豆を買ってきた。高いなー豆、やれん、というわけで白いんげん。
生の豆なので一昼夜置いてから完全に火を通してください?なんだかちょっと面倒だ。
そういうときこそ、がんばれストウブ!というわけでちょっと気が向いた。
半カップくらいを水に入れ、蓋をしたガラスケースを猫が襲っていたのでレンジに保存。
一昼夜置いたら倍以上くらいになっていて驚き。適当に水を足して14cm鍋へ。

どうしても吹き零れるのでちょいちょい火を入れて放置を三回くらい。
だいたい良いじゃろう。という頃にはもう疲れきっており、もうどうでもいい。

それに、非常に大事なことだが、私は豆がそんなに好きではない。
ムハっとなるとこが、むしろ、嫌い。うわ、嫌いなのに…バカ?ということにようやく気付き
意気消沈しつつ、煮えたかどうだか食べてみた。
うわウマイ!マジ?うまー。

ここに至ってようやく真面目に味付けを考えることにしたけど、甘く煮るしか考え付かない。
でもそれって、おせちじゃん。却下。
だんだんどうでも良くなってきたところで安易にコンソメと米で炊いたらリゾットにならないか?
と思いついた。おー丁度、ベーコンもあるし。

ということで米を半カップ・ベーコン・塩コショウ、と適当に投入し沸騰したら10分待つも吹き零れるので10分持たず、こないだ底がこびりついてエライことなったからなーといきなり蓋を取って底からかき混ぜて蒸らし10分。ここだけ正確。

さて味見。ウマー!ということでピザ用チーズも混ぜ込んでちょい蒸らし。←ここで写真撮った。
結局蒸らし時間もテキトウだ。最後に粗引き胡椒をパラリとやって出来上がり。

そんなテキトウ・ストウブ生活。
実は右手が上がらない。
どこまで打ったら痛くなるかな、とつらつら書いてみたけど、上げない以上、大丈夫そう。
これも、もしかしたら、止めといたほうが良かったと思う日が来ないことを祈るのみ。
[PR]

by uwomaru | 2008-03-19 20:10 | ストウブ


<< 鶏胸肉の燻製。      悪い猫。 >>