魚丸記

uwomaru.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 14日

要求される。

ひたすら丁寧な扱いを要求される、鍋に。
何を入れるか?というのも。

以前の延長でレシピにダシとあるので、ダシの素の粉末(無添加のもの…)を入れたら、
アレ????という味になった。たとえるならオリーブの弦の音からいきなり、…
なんでもいいけど使い古しの平坦な音になってしまった、伸びもない…という感じ。

何が何でも吟味して入れたくなる。

洗うときも、お湯ならまぁいいいか、と洗剤とスポンジを使っていたけど、
ふと、アクリルたわしでくるりとしてみたら、シャリーンといい音が。
以後、お湯とアクリルたわし、時々重曹。結果、猫の嫉妬を買うほどに撫で回す。

ケースも楽器や弓を出し入れするだび、似たようなことを思う。
乱雑にしたりテキトーかましたりしにくい。いや、できない。
楽器・弓にいたっては言わずもがな。主張がある。

不思議だ。
[PR]

by uwomaru | 2008-03-14 08:24 | ストウブ


<< ミドリ不足。      千載一遇。 >>