魚丸記

uwomaru.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 03日

ライン。

腕の付け根を肩甲骨の、に設定して、骨盤を通過していきなり足っていうのは足裏なんだけど、
そのほうが良いみたい。

体をゆるめるにしても、楽器を持ちながらすべき、と思ってきたけど、確かにそう。
こんなところ普段使わない。
体をゆるめきってから構え方を考えるんでも良いかもしれないけど、それだと何年かかるか分からない。と思う。

そうそう。右肩が下がってる問題は、実は根強く左肩を上げていたというのもあるけど、
そもそも右肩と首の関係が狂っていて、右肩に首を合わせて傾けてその角度を維持したまま左肩をそうっと対称の位置にもっていくとなんと骨盤の傾きも同様に狂っていた。
骨盤の左側が固まっていたみたい。
それで左肩との距離に自由度がなくて、たいへんだったみたい。いやホント。

それで肺の上のほうに息が入ってなかったんだってば、本当に。
って気づいたときに自分が一番びっくりした次第。
って順番としてはこちらからだったんだけど、今のところ掴んだと思しき全容がそんなとこ。

シテ、どういう影響があるかというと、左肩が間違っても痛くならない。
足が、というより股下が長くなった気がする。立ってるのが、なんか楽。
右腕が自然に落ちる。向きに弾き易い。
いーんじゃない?

そうそうそれで井戸から水を汲むようなイメージだったけど、
まっすぐな棒二本がねじれ→ねじれ解消という動きに伴って弓が動く感じ。
かなり自動的に弓の軌跡が決まっちゃう感じ。これはどんなもんか???
棒はどちらも身体の側面まっすぐ。
[PR]

by uwomaru | 2007-09-03 20:18 | 体のこと


<< 水飲み。      二枚歯。 >>