2007年 05月 19日

かわいそうなぞう

c0012866_8485721.jpg


このような傷を負いまくり。
にゃんこめ。

右の腹がふがいないのではなくて、左側がどうも逃げてしまい、
ひとりで立てるわけもないのでぐなりとなるみたい。
左側がいつから逃げているか考えてみたら、やはり小学二年生の盲腸。
あと子牛に左眼を蹴られたのも多少は関係あるかも…。
二十年来の習慣に勝てるか。
[PR]

by uwomaru | 2007-05-19 08:48 | 日常


<< 猫の名づけ      ねこ >>