魚丸記

uwomaru.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 23日

右側を動かすときに

どこまで意識するか。地面に接するところまで、か。
大腰筋とかなんとか、言葉でなんとなくひっかかってきたけど、全然真面目に取り組んでなかったな~。と、私とまるっきり逆のアプローチで最後にこの辺の言葉に行き着いた内田氏の文章を読んで反省していたのだけど。あーなるほど。これがワンピースか(違う)。

結局、重力に逆らっている表面まで通っていないといけないのかなー。
表面て何だ。あの変な絵を思い出す。

右腹をこうやって伸ばす、というのをハッキリ教えてもらったので、
伸ばすと、背筋がちょっとまた効いて、
肋骨の関係がちょっと変わって、
鎖骨付近でメキバキゴキミシとか有り得ない音が。

そうすると可能になるのが、結構ぶっとぶ構え方。
それがまた見た目、自然。

さてさて。

左腕自体の方向と、右腕自体の方向も。
もっと楽に見えるように弾けるようになれる。
自分の感覚ってのは、慣れてしまっているのであてにならない。

まぁなんというか、また少し、進みそうです。
ところで音程は……?まだかも。というか、あまり気にしてないな。。。
[PR]

by uwomaru | 2007-03-23 00:32 | 体のこと


<< 小松菜の花。      ウワサの縞々画面 >>