魚丸記

uwomaru.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 06日

可哀相な指板

ペグを調整しないともう音が合わないので、仕方なく弦を外して再調整。
駒の傾きも変わってしまうし、とても面倒。
何も思わずともサクサクできるようにならなければならないのでしょう。
以前よりはずっとマシなはずだが、やはり一定の時間がかかるので、面倒なものは面倒。。

さて指板…気のせいでなく、やはりほんの少し掘れてきている……。
やはりこの私の鋼鉄の指先の威力か。
前の楽器の指板の材質を疑っていたけど、問題はコッチだったんだ。。。
指先オーディションして楽器の所有者を決めたほうが良かったかもしれません。
あーあ。
丸くぽちぽち押さえた後も付いてるし。拭いても全然取れないし。
弦替えて一週間くらいで巻き線の縞々が付いてたときは泣きそうでした(これはすぐ取れた)。

使うものだから仕方ないけど。
ってか、たぶん指板調整して削った直後ってのはどうしても色々変化が目につきやすいのかもしれないけど、うぇーイヤあああ(T_T)

というわけで非常にブルーです。親不知の予後が良くない説もアリですが。。
水飲むと非常に染みます。。
[PR]

by uwomaru | 2006-10-06 20:41 |


<< 繊維      ??? >>