魚丸記

uwomaru.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 23日

だいたいだ。

大体このようにイメージがまとまりました。

c0012866_9232071.gif

腕は、思い切って上を向いて生えているので重力関係ナシ。

息を吸うと、浮きが持ち上がる くらい腕はニュートラル
息を吐くと、浮きが沈む くらい腕はニュートラル

…浮きって肺じゃん。
どこがどうつながっているのか分かりませんが、流石に骨格ではないだろうから筋肉とかなんかなー。意表をついて肋骨だったりして。ま、今のところそれは不明。絵もテキトー。

これだとアップもダウンも同レベルになるので良いのですけどね。
奥歯がどうも落ち着かなかったので一箇所削ってもらったら、カチカチカチっとはまっていった様子。でもやっぱり一番奥がいちばん高いって…いつか私も削るのだろうか…。

肩タンス説だと肩甲骨も鎖骨も一塊なので、腕を上げると楽器を鎖骨に載せるなんて想像することすら無理なんですけど、上に生えてるの根っこを肩甲骨に持っていって、鎖骨と連絡さえきっちりしてもらえば、別に鎖骨まで下がる必要は全然ナイ。

噛み合わせの都合で(?)肩甲骨開いていたのが閉じて、連絡可能になりました。お返事が…。この状況下で良く弾くよなぁ…と思ったのは毎度のことですが。今なら、背中ゴリゴリに鳴らせます。
[PR]

by uwomaru | 2006-09-23 09:23 | 体のこと


<< 倒れない二本足の椅子      間の音 >>