魚丸記

uwomaru.exblog.jp
ブログトップ
2006年 04月 05日

脇をしめるの真意・・・

どうやら今まで、肩をすくめていた模様。
そうすると、どうしても肘が体から離れてしまう。
にょーんと腕を伸ばした上でさぁ微調整してください、みたいな条件に自分でしていたのだ。。
肩の力が抜けていれば、肘を体に近づけると肩(?!)が緩むのですね。どっちが先だかわからんが。
アップ開眼。

ちょうど甲野さんの本で、
マッチの擦り方と鋸の使い方が日本と外国(どこかな? とりあえず、欧羅巴ということで)
では違うというのを知ってナルホド、もしかしたらマッチの擦り方(日本外)がアップのキックだったりしてーと試してみたのとたまたま合致した模様。きちんとした音で弾いたら、明らかに筋トレ効果ありますでしょうという感じ。鏡はいつも見ているのだけど、普段いかにまずく弾いていたか、つまり、肩を固定して手先だけで弓を返していたかというのがハッキリ見えて、唖然・・・。しかしこれで大きく不足していた筋肉はつける方向が分かったと思う。
後は・・・きちんとした音でしか弾かない、という状態が一番ラクになるように持っていきたい。
[PR]

by uwomaru | 2006-04-05 20:01 | 体のこと


<< 手薄な右側      かんそう >>