2005年 11月 14日

『はい、もう一回』地獄、ふたたび

プロコの合わせのときのような状態になってきた。

分かるまでやるし、分かったら分かったで、絶対間違えないとこまでやらないと意味がない。
特に、私が。
で、一番怪しかったところを磨き上げたと思ったら、なんともつまんなく弾いていたりする別のとこが発覚する。ぎゃー。

すぐできるもんでもないので、じゃーこういった方針で、とさらってきて合わせてみたら、
「あれ??こっちかも?!」ということになってみたり、
別の楽章やってみたら「そっかーー」ということが分かってみたり。

そう、終わらないのだーー。
[PR]

by uwomaru | 2005-11-14 22:22 | レッスン


<< 弱点      逃げる先 >>