2017年 02月 08日

夢か現か幻か。

右手がしなる、弓と同じ。制御できないままに楽器が凄い勢いで鳴る。レーシングカーみたいなスピード感?密度が高い音。そうこうしているうちに右手、いや人差し指以下の指、いやいやこれは親指その他をなんとなく添えてるだけ、当然意図的な力など一切ないのに、これまでで一番音が出てるという状態に。人間の一連の骨がたわむのって理解不能だが、確かにこの目で見た。弓の性能ってこれか。

ちなみに音程の悪さは最大に露見している。どうしてこんなに毛筋二つ三つ分、外せるのか。不思議だ。器用に外さず、合わせれば良いのにと思う。
[PR]

by uwomaru | 2017-02-08 23:16


<< 全ての土台      頭の置き所 >>