魚丸記

uwomaru.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 30日

ダウンの形

例年通り夏の絶不調の時期がやってきた。少なくとも今年は真面目にやろうと思っているのでますます嫌気が差す。ところに先生からボーイングの癖に指摘があり、このようにした方が良い音でるわよと言われたらやらざる得ない。そんなこんなでその角度と毎度お馴染み「ダウンの形」って結局どんな手だ?と矛盾満載で弾きながら右手はぐちゃぐちゃ。そこへちょっとだけバラけるようになった手首の骨達を抜けて内側から力が微量ながら伝わると一瞬、異質な音が出る。見た目も一瞬、先生の謎の手と同じ、ふわふわ。これか。ほぼ瞬間的にちからつきるんですけど?必要最低限の中の筋肉だけ動力源にするなんて本当にできるのか。でかい筋肉は本当に邪魔。今までこれか?と思ったときよりも繊細というか線の細い感じで、より一層とらえどころがない。
でも全てを満たす解はこれしかない。
今度こそ掴まえたい。

大雑把には猫がばふと前足で押さえつけるときみたいな力の使い方なんではないかと思っている。猫に聞いたら違うと言うかもしれないが。
[PR]

by uwomaru | 2014-07-30 01:19 | 体のこと


<< 不思議の弓      練習中の足元 >>