2010年 01月 05日

決断のとき。

ご飯を作っていたら、どこかから聞こえる警報機の爆音が止まらない。
か、火事?とドアをぱたぱた開けたり、不動産屋さんに電話したり。
見に行くので待っててくださいと言われる。それでいーのか。さよですか。

そのうちメールの返信に夢中になってしまい、避難のことをすっかり忘れていた。
今回たまたま掃除の際に警報機に触ってしまっただけ、だったけど、火事なら燃え残ること必須。
[PR]

by uwomaru | 2010-01-05 17:35 | 日常


<< 猫痩身術・冬季限定。      尿・絶不調。 >>