2005年 03月 27日

珍しく、レッスン日記路線で

あのぅ、私先々々週レッスンから帰ってきて結構気合入っていたので、『一発予告』までしてたなぁ、
そのワリに練習せず仕舞いだしこりゃヤバイと昨日久々に書き込みつつ思っていたのですが。。

三週間ぶりの先生は人が変わったようになっており、なんと今日は、バッハ二楽章から。
オイストラフの指番号とスラーでメロメロになって譜読みも中途半端だったというのに、な、なんとそこからか!的展開でした。。
後半メロメロ(指番号とスラーに多少ミスプリがあったらしいが自分ではそこまで気付かず・・・)というのに最初からがんがんメロディアスに弾いてしまったためにちょっと死にそうな初見状態レッスンでした。こんなんはさすがに久しぶりで先生に申し訳なかったです。
しかも次の人が現れてからの弾き始め。エチュードもっとさくっと終われないといけませんね。

昨日に引き続き今日も楽器は二楽章日和。
おかげでラクに弾けて、しかしまぁこういうのスキですこと、と自分でも思ってしまった。
道理で『タイス』とか『G線上の・・・』とかを「あなたに合うと思うわ」と弾かされる訳ですねぃ。
私は本当はレーピンっぽくプロコを弾きたいのに!!!とまぁ一応空しく主張してみたり。

習い始めから10年間どの先生からも「ヴィルトーゾちっくに弾かないように」と必ず注意を受けていたのですが、それを最近言われないというのはかなり嬉しいです。もしかしてメトロノーム効果かな??だいぶ最近すぎるようで。。
あとG線プリッと言わせると先生が「よし!」とか言うのでその声にビビッて弾けなくなったりとかしてたのですが、今日は全然平気でした。しかし結構いろんな先生がそういうのはナゼなのか、未だに理由が分かりません。・・・低い声ですごまれると怖いんですけど。。

それにしてもびっくりするくらい音を外して弾き始めるので自分でも参りました。
どうにも三ポジが怪しい・・・・・・・・・・・・て、結局、そこか!!!!
[PR]

by uwomaru | 2005-03-27 20:19 | レッスン


<< 10億あったら      春の音 >>