2009年 10月 26日

決定。

隔週で坂の上の教室に通うことに。
ルート選択を誤って半端無い坂を階段で一気にのぼったので、今日も半死に。

なんかやたらと耳の良い先生で驚いた。バレバレのバレバレ。
そしてやたら大量に宿題をいただいて「じゃ、また来週!」に「あの…隔週でお願いします…」と言うのは勇気が要った。まぁゆったけどなコッチも伊達に歳食ってないからな。ちなみに、最初におお結構弾けるじゃん!と思わせておいて一歩も進歩しないのが私の黄金パターンだ。

いろいろ話しながら楽器を弾いて(本当)、あれもやったこれもやった結構やってるね、ってことで、一瞬コンチェルトに走りそうになった先生を私が制して勝利した。次回以降は指馴らしにバッハ無伴奏・パガニーニ無窮動、本命曲に4巻のヘンデル、合奏曲にビバルディのデュオ。
かつてなく多い宿題。まぁ来週までに全部見るのは確実に無理だ。
頑張ってテキトーに手を抜きつつ一生懸命やろうと思います。

さっき耳が良いと書いたけど、私の楽器の作者を知らない(まぁある意味マイナーだから知ってる人しか知らない楽器)のにも関わらず、同程度の作者の名前がさっと出てきた。流石。値段は安すぎて不満げだったけど、今の相場を言ったら納得していた。さらに、今まで「どこで買ったか?」という質問はよくされたけど、今日はどうやって探したか?と聞かれた。新しい。そう、大学オケで楽器を始めて良かったね、とも言われた。素直でないので素直に頷けなかったけど、全くその通りでこの世に生まれていなかったかもしれないってことだ。この凄い岐路に立ったとき、奇術同好会とどちらにしようと迷っていたことはそろそろ忘れて良い頃だろう。

楽器の音は私が弾いているにも関わらず、品の良い綺麗な音とかいうふうに仰ってくださり、気に入っていただけた模様。良かった。
[PR]

by uwomaru | 2009-10-26 19:02 | レッスン


<< 逃げる背中。      shimoyake第一号。 >>