魚丸記

uwomaru.exblog.jp
ブログトップ
2005年 03月 18日

動きの手懸り

ゆる体操をするようになってから、どうも皮下脂肪が移動している模様。
脂肪自体が柔らかくなる全体プヨプヨの時期を経て、のことですが。

現時点では、筋(肉?)の付け根っぽいところにまるーく『脂肪溜り』ができていて、
まぁ見ため格好良いわけでないので嬉しくないな~と思ってました。
で最近暖かくなってきたので目につく機会が増えてきたところ、発見(?)。
ある特定の筋肉に力を入れたときにその脂肪溜りは消えるのでした。
今のところほとんど偶然のタイミングでしか消せません・・・が、今後意識的に動かせる
筋肉が増える見込みができたということ。スバラシイ。

目で見えないものはなかなか意識できなくて、そこにあることすら分かりにくい。
それを思えばこれはヴァイオリン弾きにはたまらんメリットだ!!!と喜んでいるのですが、
何分ひじなもので弾きながらそこをチェックするわけにはいかないのでありました。。
[PR]

by uwomaru | 2005-03-18 21:45 | 体のこと


<< 人体の不思議      正気とは思えない・・・ >>