2009年 05月 04日

脳麩。

全然本調子でなくて昨日はついに風呂で湯あたりして倒れる、食料を買いに出かけ、その場にめりこみそうになる、と散々だったが、予約は予約。
こーいうときに練習場所が自宅でないのは痛い。密室で今度倒れたら死ぬかも。
とかいいつつ、一週間ぶりに弾くのに全然どうもないのはなぜなんだ。
その代わり脳味噌が全然動かない。ついに麩化してしまったのか。どうも脳だけ不調のよう。

全身の状態をチェックすると左肩がものすごく上がってしまっている。
ので、それをまっすぐねじ込むべくなんやかんやしているととても良い状態になった。
でも脳が麩なので分からん。音だけで判断している。
左指の一本いっぽんがストローのようで、ああ、喉になるのか、と得心がいったのだけど、意味麩。

帰りに肉屋さんがヴァイオリン弾きを見て驚嘆していた。
なんなら弾いてあげましょうか…違う意味で吃驚できること確実デス。
楽器を弾かないひとと話すとこういうときにとても居心地が悪い。下手の横杉(間違った…)で何が悪い。
[PR]

by uwomaru | 2009-05-04 13:40 |


<< 親指と上腕。      市民桶との邂逅。 >>