2009年 03月 14日

近況など。

ネット環境が絶望的に整わない。
一ヵ月後ならなんとかなるかもしれないけど大家さん次第では…(結局どっちだ)
という感じで延々引っ張られている。そのうちフリーメールが死んでしまう。
さて。
ブログ記事は環境が整ってから、と思っていたけど、だいぶ先になりそう。
だいぶ余裕が出てきた(部屋のスペースは全然ないけど)ので、書けるだけ書いておく。

一昨日の夜。目が覚めるとドアの前に人の気配が…!なんて生易しいものではなくて、ドアノブをがちゃりがちゃりやっているし、ピーンとかすかな金属音はするわ、コツと何か置く音?これは尋常ならざる事態に相違ない。通報か。いやでももしかして同じマンションのひとかも…。でも違ってて侵入されたら…などと悶々としつつ耳はビンビンに音を拾っている。いやいや明らかに入ろうとしているだろコレは。ヤバイ。でもなんだか様子が変だ。寄りかかってないか。ドアの前にいるだけ?誰が?心当たりは当然無い。でも単によりかかってるだけの通りかかりのひとだったら(そんなのアリエナイ)。窓の外では酔っ払いがウルサイ。ああ近くの小さい音と遠くの大きい音はこんなにも違うものか。近くの小さい音のが心に食い込みます!ボーイングの練習しなきゃ。いやいや今は通報するか否か…でも容赦なく「誰かいるのか見えますか」なんて聞かれるのだろう。スコープから見られるくらい勇気があるなら間違いなく自分で撃退できるわ。向こうから覗き込んでたらどうするの!あれ、なんか物音が少しずれた場所になってきた。うーーーん、どちらにしてもとりあえず、見るか。というわけで照明を。ドアの隙間から光が漏れたに違いなく、テキは明らかにずりり、と動いた。ってええええええ!オエーとかって盛大に吐いてる…ということは酔っ払い!!!今のうち、とばかりにいきなり元気にドアスコープを覗き込むと、酔っ払い風体の男性が向こう向きになってぴくぴく必死に起き上がろうとしている。上着のはだけた白シャツの背中が見える。あ、よろけた。あ、正面の部屋のドアにどかんとぶつかった。歩き出した。どっか行った!なんかとにかくいなくなった。良かった、というわけで時間だけ確認して寝てしまったのが十二時半。猫は平和でいいよなぁ。しばらくすると激しくブツクサ喋りながら男性が廊下を歩いている。もしかして見回りのひと?今度はドアスコープをさっさと覗くと、作業服。うーん、管理のひとぽい。念のため、ドアチェーン越しに話しかける。「あ、あのう、さっき酔っ払いのひとがここにいました!」いつも思うのだけど、どうしてこう小学生の作文みたいな発言しかできないのだろうか。「ああ、エレベーターの中に酔っ払ったひとがいるけどね。アレ、お宅のご主人?」なわけあるか。返答せず。日本人なら察しろ。手にはメガネや財布を持っている。酔っ払いのひとはいろんなものを落としながら彷徨い、ついには自分がエレベーターの中で撃沈したらしい。通報者は恐らく、エレベーターに乗ろうとして踏んだに違いない。気の毒に。ドアをがちゃがちゃやられて恐怖の数分間を味わった私とどちらがマシか。

とまぁ、こんなマンションに引っ越しました。

初日に部屋中下水臭攻撃をくらったことや窓枠が黴と埃でガビガビで妙に気密性が良いことや掃除が入ったとは思えないユニットバスの黒黴の奥で実は板が腐っていたことや、その部分の補修を頼んだら汚い黴や汚れをそのままにコーキングで塗り固められたことやらの衝撃が一瞬で吹き飛ぶ出来事でした。そしてまだまだ衝撃の事態は続く(本当)。書けることがあれば書きますが書けないことは書きません。ちなみに肉屋はオオハズレで残念。二ヶ月くら船旅で世界一周したような肉だった。八百屋ではなぜか出身県の野菜ばかり。そういえば向こうの八百屋にはこっち産の野菜が多かった。そういうことか。となんとなく納得。素直に地場産を食べれば良いのにね。
[PR]

by uwomaru | 2009-03-14 17:45 | 日常


<< 灯台下暗し      そうかしら。 >>