2009年 02月 22日

そんなの分らない。

今回、発表会のおかげでいろんな初顔合わせがあって、その中でとても答えづらい質問があった。
一生弾くのね? えぇ?そ、そんなのわかんないですよ…。

始めたばかりの頃は、「一生弾く?」というニヤニヤ顔の先輩に嵌められて「ハイ!」と即答していたものだが。
鉄の意志で始めたわけでも、鉄の意志で弾いていたわけでも、目指す何かがあるわけでもない。
はて?としか思えないのでなんとも返答に困り、へなへなな返答になってしまった。

でももし興味があるなら、さっさと始めてしまったら良いと思う。
止めるのは比較的簡単なので。

意外な再会も。その方は一年ほど前に「ヴァイオリン、憧れなんだ~」と仰っていた方。
半ば強引にその辺の楽器店で試奏となったのだけど、チューニングさえままならない状態のものがどんどん出てきて、間の悪いことにその直前にプロの演奏を聴いたばかり(つまり演奏会の帰り道だった)。
ぴょい~んと鳴らしてみて、「ま、こんなもんか…」と仰っていたので、あああああああ私の楽器だったらせめて一瞬だけでもうわ!楽しい!!と思ってもらえたかもしれないのに、とちょっと後悔していた。
その後、演奏会に見かけないのでそのままになっていたのだけど、ついに始めて今レッスン二回目とのこと。
なんか楽しそうだったので、絶対無理無理というところを無理矢理(ってそんなの本当に無理だけど)誘ってみてヨカッタと思った。まぁつまり私の前でウッカリヴァイオリンへの憧れを口にしてはいけないということか。
[PR]

by uwomaru | 2009-02-22 17:25 |


<< 『緊張』に通じる?      終了~ >>